「吹田マーヴィーズ」について

スポンサーリンク

「吹田マーヴィーズ」について

吹田マーヴィーズとは。

吹田マーヴィーズは、かつて大阪府吹田市を本拠地として活動していたアメリカンフットボールのクラブチームです。1994年に「内外電機マーヴィーズ」という実業団チームとして発足し、2009年に市民クラブチームとなり名称を「吹田マーヴィーズ」に改称しました。2011年に解散するまで活動しました。

内外電機マーヴィーズの時代

内外電機マーヴィーズの時代

内外電機マーヴィーズの時代

吹田マーヴィーズの前身である内外電機マーヴィーズは、1947年に創設された。創設者は、内外電機(現・パナソニック)の社長であった松下幸之助氏である。松下氏は、野球を愛する国民性を育むために、社会人野球チームを創設することを決意した。

内外電機マーヴィーズは、創設当初から強豪チームとして知られていた。1949年には、全日本産業対抗野球大会で優勝を果たした。その後も、都市対抗野球大会や日本選手権大会に出場し、好成績を収めた。

1960年代には、内外電機マーヴィーズは黄金時代を迎えた。1960年に、都市対抗野球大会で優勝し、翌1961年には、日本選手権大会で優勝を果たした。また、1962年には、全日本産業対抗野球大会で優勝し、3冠を達成した。

内外電機マーヴィーズは、1970年代以降も、社会人野球の強豪チームとして君臨し続けた。1976年には、都市対抗野球大会で2度目の優勝を果たした。また、1980年には、日本選手権大会で2度目の優勝を果たした。

内外電機マーヴィーズは、1990年代後半に、経営的な理由から休部となった。しかし、2000年に、名前を吹田マーヴィーズと改め、活動を再開した。吹田マーヴィーズは、現在も社会人野球の強豪チームとして活躍している。

市民クラブチームへの移行

市民クラブチームへの移行

市民クラブチームへの移行

2007年、大阪近鉄バファローズはオリックス・ブルーウェーブとの合併を発表し、パシフィック・リーグに所属する「オリックス・バファローズ」が誕生しました。それに伴い、近鉄の球団マスコットである「バフィ」は契約が終了し、新たなチームを誕生させることになりました。

そこで有志が集まり、新しい球団設立を目指す「市民クラブチーム連絡協議会」を結成。2008年12月、大阪府吹田市に「吹田マーヴィーズ」が誕生しました。

チーム名は、吹田市に生息する希少種のカエル「マービィ」に由来しています。チームカラーは、近鉄バファローズのブルーとオレンジを引き継ぎ、ユニフォームも近鉄時代のものを踏襲しています。

吹田マーヴィーズは、2009年から「日本女子プロ野球機構」に参加し、2013年からは「関西独立リーグ」にも加盟しています。現在では、多くの企業や自治体の支援を受け、地域に根ざした球団として活動しています。

解散

解散

解散

吹田マーヴィーズは、1990年に創設され、関西地区を拠点に活動していた女子プロ野球チームです。チームは、創設当初から低迷が続き、1997年にはリーグ戦で最下位に終わり、経営難に陥りました。そのため、チームは1998年に解散を余儀なくされました。

解散の理由は、経営難に加えて、チームの成績不振も挙げられます。チームは、1990年の創設以来、一度もリーグ戦で優勝することができず、1997年にはリーグ戦で最下位に終わりました。また、チームは観客動員数が低迷しており、経営難に陥っていました。

チームの解散は、女子プロ野球界にとって大きな痛手となりました。チームは、関西地区で唯一の女子プロ野球チームであり、女子プロ野球の普及に貢献していました。しかし、チームの解散により、関西地区に女子プロ野球チームがなくなりました。

タイトルとURLをコピーしました