「日々新聞」について

スポンサーリンク

「日々新聞」について

日々新聞とは。

日々新聞は、1868年(慶応4年)の閏4月に江戸(現在の東京)で創刊された新聞です。読み方は「にちにちしんぶん」です。江戸博聞社の執事が発行したとされていますが、詳しいことは分かっていません。

「日々新聞」創刊当時の状況

「日々新聞」創刊当時の状況

「日々新聞」創刊当時の状況

「日々新聞」は、1945年11月3日に創刊された日本の新聞です。「日々新聞」は、戦後間もなくの混乱期に創刊された新聞であり、その当時、日本は、戦後の復興に向けて歩みを進めている段階でありました。「日々新聞」は、そのような世相を反映して、戦後の復興や民主化を訴える記事を数多く掲載しました。

「日々新聞」は、創刊当初から、読者の支持を集め、発行部数は急速に増加しました。「日々新聞」の発行部数は、1946年には、100万部を突破し、当時の日本の新聞の中では、トップクラスの発行部数となりました。

「日々新聞」は、読者の支持を集めたことで、日本マスコミ界での影響力を強めました。「日々新聞」は、その影響力を利用して、戦後の復興や民主化に貢献しました。例えば、「日々新聞」は、1946年に、日本国憲法の制定を強く支持する記事を掲載し、日本国憲法の制定に貢献しました。

「日々新聞」が伝えた内容

「日々新聞」が伝えた内容

「日々新聞」が伝えた内容

「日々新聞」は、明治維新後の1868年に創刊された日本の新聞です。自由民権運動や近代化政策などを積極的に報道し、明治時代の世論形成に大きな影響を与えました。

「日々新聞」が伝えた内容については、以下のようなものが挙げられます。

・自由民権運動に関する記事自由民権運動は、明治維新後に始まった、民衆の政治参加を求める運動です。「日々新聞」はこの運動を積極的に報道し、民衆の政治意識を高めるのに貢献しました。

・近代化政策に関する記事明治政府は、近代化を推進するために、さまざまな政策を実施しました。「日々新聞」はこのような政策を報道し、国民に広く知られるようになりました。

・社会問題に関する記事「日々新聞」は、貧困や差別などの社会問題も積極的に報道しました。これは、社会問題への国民の関心を高めるのに貢献しました。

・海外のニュースに関する記事「日々新聞」は、海外のニュースも積極的に報道しました。これは、国民の国際理解を高めるのに貢献しました。

「日々新聞」は、明治時代の世論形成に大きな影響を与えた新聞です。その報道内容は、自由民権運動や近代化政策など、明治時代の重要な出来事を国民に広く知らしめ、国民の政治意識を高めるのに貢献しました。

「日々新聞」の休刊とその後

「日々新聞」の休刊とその後

「日々新聞」の休刊とその後

「日々新聞」は、1946年(昭和21年)に創刊された夕刊新聞である。創刊当初は「毎日新聞」の夕刊として発行されていたが、1952年(昭和27年)に独立した新聞社となった。その後、1960年代後半から1970年代前半にかけて、夕刊新聞の読者数が減少するなかで、「日々新聞」も経営が悪化し、1974年(昭和49年)に休刊となった。

「日々新聞」の休刊後は、いくつかの新聞社が「日々新聞」の読者を獲得しようと、夕刊新聞を創刊した。しかし、いずれも経営が軌道に乗らず、数年で休刊となった。そのため、「日々新聞」の休刊後は、夕刊新聞の発行が途絶えることとなった。

「日々新聞」の休刊から40年以上が経った現在、夕刊新聞の発行は再開されていない。これは、新聞の発行形態が、朝刊から夕刊へと移行したことに起因する。現在、新聞の読者は、朝刊でニュースや情報を収集しており、夕刊を読む人はほとんどいない。そのため、夕刊新聞の発行は、採算が取れない状況となっている。

「日々新聞」の休刊は、夕刊新聞の衰退を象徴する出来事であった。夕刊新聞は、かつては重要な情報源であったが、現在ではその役割を朝刊に譲っている。夕刊新聞の読者が減少したことで、夕刊新聞の発行は採算が取れなくなり、休刊に追い込まれた。

タイトルとURLをコピーしました