「キロギー」と名付けられた台風のすべて

スポンサーリンク

「キロギー」と名付けられた台風のすべて

キロギーとは。

キロギーは、2000年に台風委員会によって決まられた国際名のうち、3番目に該当する台風である。北朝鮮が「雁」という意味で命名した。

キロギーとは?

キロギーとは?

キロギーとは、2018年9月に発生した台風16号の名称である。国際名はMangkhutで、フィリピンではOmpongと呼ばれていた。キロギーは、フィリピン、中国、台湾、香港、マカオに大きな被害をもたらした。

キロギーは、9月10日にフィリピンの東で発生した。その後、西進しながら勢力を強め、15日にフィリピンのルソン島に上陸した。キロギーは、フィリピンで少なくとも98人の死者を出した。また、大規模な洪水や土砂崩れを引き起こし、数百万人が避難を余儀なくされた。

キロギーは、フィリピンを過ぎた後、中国、台湾、香港、マカオに上陸した。これらの地域でも、キロギーによる被害は大きかった。中国では、少なくとも64人が死亡し、数百万人が避難を余儀なくされた。台湾では、少なくとも10人が死亡し、数万人が避難を余儀なくされた。香港では、少なくとも11人が死亡し、数千人が避難を余儀なくされた。マカオでは、少なくとも4人が死亡し、数千人が避難を余儀なくされた。

キロギーは、アジア太平洋地域で大きな被害をもたらした台風である。その被害は、まだ完全に回復していない。

キロギーはどんな被害をもたらした?

キロギーはどんな被害をもたらした?

キロギーは、2009年にフィリピンを襲った熱帯性低気圧です。その強風と暴雨により、広範囲にわたる被害をもたらしました。フィリピン国家災害リスク削減管理委員会によると、キロギーは少なくとも89人を死亡させ、900人以上を負傷させました。また、80万戸以上の住宅が破壊され、150億ドル以上の被害が発生しました。

キロギーの被害は、フィリピンの多くの地域に及びました。特に、首都マニラとその周辺地域が大きな被害を受けました。マニラでは、暴風雨によって木々が倒れ、建物が損壊しました。また、停電や断水が相次ぎ、多くの市民が生活に支障をきたしました。

キロギーは、フィリピンを襲った台風の中でも、特に甚大な被害をもたらした台風の一つです。その被害は、フィリピン政府や国際社会から大きな支援を呼び起こしました。

タイトルとURLをコピーしました