「シャン州軍」の概要と歴史

スポンサーリンク

「シャン州軍」の概要と歴史

シャン州軍とは。

シャン州軍とは、1964年にミャンマーのシャン州でシャン族の自治権拡大を掲げて結成された武装組織です。1989年に政府と停戦協定を結んだものの、一部のメンバーがこれに反発して「シャン州軍」の名で武装闘争を継続しました。2011年の民政移管を経て、2012年に政府との停戦に合意しました。

「シャン州軍」とは

「シャン州軍」とは

「シャン州軍」とは、ミャンマー北東部のシャン州を拠点にする武装勢力である。中国語では「果敢同盟軍」とも称され、1963年にパオ民族解放組織(PNLO)の指導者である張奇夫(チャン・チーフー)が、中国国民党軍、中国共産党軍といった外国勢力の影響からの解放とシャン州の独立をめざして設立した。

当初は小さな反政府勢力だったが、1970年代以降、ミャンマー政府軍と激しく衝突を繰り返し、次第にその勢力を拡大していった。1995年には、ミャンマー政府と和平協定を結んで一時的に休戦したが、2009年に協定が破棄されて再び戦闘が再開された。

「シャン州軍」は、ミャンマー政府軍とほぼ互角の戦力を有しており、2015年には、ミャンマー政府軍による大規模な掃討作戦を撃退するなど、大きな戦果を上げている。また、シャン州の住民の支持も厚く、ミャンマー政府の支配が及ばない地域で独自の政府を樹立し、教育や医療などのサービスを提供している。

「シャン州軍」は、ミャンマーの和平プロセスの重要なプレイヤーの一つであり、その動向はミャンマーの将来に大きな影響を与えるものとみられている。

「シャン州軍」の歴史

「シャン州軍」の歴史

「シャン州軍」の歴史

シャン州軍は、ビルマ北部のシャン州に拠点を持つ少数民族武装勢力である。同軍は、1962年のビルマ軍事クーデターに端を発する政府に対する少数民族の反乱の一環として、1964年に結成された。

シャン州軍の主要な目的は、シャンの独立と、ビルマ政府からの政治的、経済的自治を獲得することである。同軍は、ビルマ政府軍や他の少数民族武装勢力と長年にわたって交戦しており、シャン州はビルマ国内で最も不安定な地域の一つとなっている。

シャン州軍は、シャン族の伝統的な指導者である「シャン州王」を最高指導者としている。同軍には、約2万人の兵士がおり、小火器や重火器、迫撃砲、ロケット弾など幅広い武器を保有しているとされる。

シャン州軍は、ビルマ政府との和平交渉に参加しており、2015年には包括的な停戦協定が結ばれた。しかし、この停戦協定は完全に遵守されておらず、シャン州では依然として散発的に戦闘が発生している。

シャン州軍の将来は不透明である。同軍は、依然としてビルマ政府から独立を要求しており、ビルマ政府との和平交渉が成功するかどうかは不透明である。また、シャン州軍は、他の少数民族武装勢力との間でも対立しており、シャン州における和平が実現するかどうかは不透明である。

「シャン州軍」の現状

「シャン州軍」の現状

「シャン州軍」の現状

「シャン州軍」は、現在もミャンマー政府と和平交渉を行っていますが、まだ合意には至っていません。その間も「シャン州軍」は、ミャンマー政府軍と武力衝突を起こすことがあり、和平の道は依然として険しい状況です。

また、「シャン州軍」は、ミャンマー国内だけでなく、タイとの国境地域でも活動しており、麻薬取引や人身売買などにも関与していると指摘されています。そのため、「シャン州軍」は、ミャンマー政府だけでなく、タイ政府からも厳しい監視を受けています。

近年では、「シャン州軍」は、ミャンマー国内の少数民族勢力との協力関係を強めており、ミャンマー政府に対する圧力を強めていこうとしているとも言われています。今後、「シャン州軍」がどのような動きを見せていくのか、国際社会の注目が集まっています。

タイトルとURLをコピーしました