ベルサトゥ → パッタニ統一解放機構(PULO)とタイの反政府組織

スポンサーリンク

ベルサトゥ → パッタニ統一解放機構(PULO)とタイの反政府組織

ベルサトゥとは。

ベルサトゥの形成と構造

ベルサトゥの形成と構造

ベルサトゥの形成と構造

ベルサトゥは1968年、マレーシア政府およびマレー人社会に対して不満を持つ国民の間で、人民自由闘争同盟(BELAS)という名前で結成されました。この組織は主としてパッターニー、ヤラー、ナラティワートの3ヶ所を活動の拠点としていました。1969年に民族主義的またはイスラム関連の組織と合併し、ベルサトゥ(BERSATU)という名前になりました。

ベルサトゥの組織構造は複雑です。この組織は、政党、軍事部門、そして政府部門の3つの主要部門に分かれています。政党は、ベルサトゥの政治的目標と戦略を決定する責任があります。軍事部門は、ベルサトゥにとって軍事的行動と訓練を担当しています。政府部門は、ベルサトゥがコントロールする地域における公共サービスを提供しています。

ベルサトゥの軍事部門は、3つの主要な派閥で構成されています。パッターニー派は、ベルサトゥの軍事部門で最大かつ最も強力な派閥です。ヤラー派は、パッターニー派よりも小規模ですが、依然として影響力のある派閥です。ナラティワート派は、ベルサトゥの中で最も小規模な派閥ですが、急速に力を伸ばしています。

ベルサトゥの政府部門は、3つの主要な省庁で構成されています。内務省は、ベルサトゥのコントロールする地域における公共安全を担当しています。外務省は、ベルサトゥのコントロールする地域と他の地域との間の外交関係を担当しています。財務省は、ベルサトゥのコントロールする地域における財政政策を担当しています。

ベルサトゥは、複雑で重要な組織です。この組織は、タイ南部で数十年にわたって活動してきましたが、今なおタイ政府にとって大きな脅威となっています。

ベルサトゥの目的と戦略

ベルサトゥの目的と戦略

ベルサトゥの目的と戦略

ベルサトゥの目的は、パタニ州とヤラー州、ナラティワート州の3つの県で構成されるパタニ地方の独立を達成することです。この地域の分離主義運動は、1902年にタイがイギリスからパタニ地方を併合して以来、続いています。ベルサトゥは、この地域の独立を達成するために、政治的および軍事的闘争を行っています。

ベルサトゥの戦略は、パタニ地方の人々の間に支持基盤を築くことです。そのためには、パタニ地方の文化や歴史の保護を訴えたり、タイ政府の抑圧政策を批判したりしています。また、ベルサトゥは、パタニ地方の独立を達成するために、タイ政府軍との武力闘争も行っています。ベルサトゥの武力闘争は、主にゲリラ戦であり、タイ政府軍の基地や警察署などを襲撃しています。

ベルサトゥの活動は、パタニ地方に大きな影響を与えています。タイ政府は、ベルサトゥの活動を鎮圧するために、パタニ地方に多くの軍隊を派遣しています。また、タイ政府は、パタニ地方の住民に対して、ベルサトゥへの支持を禁じています。しかし、ベルサトゥは、タイ政府の弾圧にもかかわらず、活動を続けています。

ベルサトゥの活動と影響

ベルサトゥの活動と影響

ベルサトゥは、1970年1月に設立されたマレーシア、タイ南部のパタニ県、ヤラ県、ナラティワート県で活動する民族解放運動組織です。その活動は、マレーシア、タイ、インドネシアの三国の国境地域であるケランタン、パッタニ、ジョホールにまたがっていました。

ベルサトゥは、マレーシアとタイの国境付近に住むマレー系イスラム教徒であるパタニ・マレー人を中心に、反政府活動を行っていました。その活動内容は、マレー系イスラム教徒の権利を守るための武力闘争、パタニ地域の独立を求める政治活動、マレーシアとタイ政府に対する抗議活動などです。

ベルサトゥの活動は、マレーシアとタイの両国政府に大きな影響を与えました。マレーシア政府は、ベルサトゥの活動を弾圧し、ベルサトゥのメンバーを逮捕・拘留して、その活動を抑え込もうとしました。一方、タイ政府は、ベルサトゥの活動がパタニ地域の分離独立運動につながることを懸念して、ベルサトゥの活動を抑え込むために軍を派遣しました。

ベルサトゥの活動は、マレーシアとタイの両国政府に大きな影響を与え、両国政府の政策に変化をもたらしました。マレーシア政府は、パタニ・マレー人の権利を保護するための政策を導入し、タイ政府は、パタニ地域の開発を促進するための政策を導入しました。これにより、パタニ地域の状況は改善し、ベルサトゥの活動は低下していきました。

タイトルとURLをコピーしました