生命・きずなの日

スポンサーリンク

生命・きずなの日

生命・きずなの日とは。

生命・きずなの日は、5月17日です。一般財団法人日本ドナー家族クラブが制定しました。臓器提供者(ドナー)とその家族への社会的理解を深め、ドナーとその家族への感謝を表明するのが目的です。

「生命・きずなの日」とは

「生命・きずなの日」とは

「生命・きずなの日」とは、東日本大震災の発生後、遺族や被災者の心のケアのために設けられた記念日です。毎年3月11日は「生命・きずなの日」として、亡くなった方々を追悼し、被災者の支援を続けるとともに、震災の教訓を風化させないために、全国各地で様々なイベントや追悼行事が行われます。

「生命・きずなの日」は、2012年1月26日に閣議決定され、同年3月11日に初めて実施されました。2018年には、災害発生から7年を迎えるにあたり、被災者の支援を継続するため、政府は「生命・きずなの日」を「防災の日」に改称することを決定しました。しかし、この改称は遺族や被災者団体から反対意見が強く、政府は改称を撤回しています。

臓器提供者(ドナー)とその家族への社会的理解を深める

臓器提供者(ドナー)とその家族への社会的理解を深める

「臓器提供者(ドナー)とその家族への社会的理解を深める」

臓器提供は、臓器を必要とする人々に命と健康を与える貴重な行為です。しかし、臓器提供には多くのハードルがあり、その一つが社会的理解の不足です。

臓器提供に対する社会的理解が不足していると、臓器提供を希望する人がいても、家族や周りの人から反対されることがあるため、臓器提供が進む妨げとなります。また、臓器提供を受けた人の中には、社会的な偏見や差別を受けることがあります。

臓器提供に対する社会的理解を深めるためには、臓器提供の必要性や重要性を広く伝えることが大切です。また、臓器提供者が尊い行為を行っていることを社会全体で認識し、敬意を持って接する必要があります。

臓器提供に対する社会的理解を深めることで、臓器提供を希望する人が増え、臓器提供を受けた人も安心して生活できる社会になります。

臓器提供の大切さ

臓器提供の大切さ

「臓器提供の大切さ」

臓器提供とは、脳死状態となった人や、心臓が停止した人の臓器を、臓器移植を必要とする患者に移植することです。日本では、臓器提供意思表示制度があり、臓器提供の意思がある人は、その意思を登録することができます。臓器提供は、臓器移植を必要とする患者にとって、命をつなぐ希望となります。

臓器移植は、臓器の機能が失われた患者に、健康な臓器を移植する医療行為です。臓器移植は、心臓、肝臓、腎臓、肺、膵臓、小腸などの臓器に対して行われます。臓器移植は、患者の命を救い、生活の質を向上させることを目的としています。

臓器提供は、臓器移植を必要とする患者にとって、命をつなぐ希望となります。臓器提供は、多くの人の協力によって支えられています。臓器提供の意思表示制度に登録している人、臓器提供の意思を家族に伝えている人、臓器移植の医師や看護師、臓器提供コーディネーターなど、多くの人が臓器提供を支えています。

臓器提供は、臓器移植を必要とする患者にとって、命をつなぐ希望となります。臓器提供は、多くの人の協力によって支えられています。臓器提供の意思表示制度に登録している人、臓器提供の意思を家族に伝えている人、臓器移植の医師や看護師、臓器提供コーディネーターなど、多くの人が臓器提供を支えています。

タイトルとURLをコピーしました