布ナプキンの日を知っていますか?

スポンサーリンク

布ナプキンの日を知っていますか?

布ナプキンの日とは。

7月2日は「布ナプキンの日」です。これは、株式会社千趣会が布ナプキンの普及を目的として制定しました。

布ナプキンの日とは?

布ナプキンの日とは?

布ナプキンの日とは、布ナプキンを広め、女性たちの健康や環境について考える日として、2008年にNPO法人「月経を考える会」が制定しました。毎年8月20日に行われています。

この日のきっかけとなったのは、2007年のケニアの大統領選挙でした。選挙期間中、女性たちが月経の貧困(生理用品を買うことができないこと)のために投票に行くことができず、選挙権が侵害されたとして抗議が起こりました。この抗議を受けて、ケニア政府は月経用品に対する税を撤廃し、月経用品を無料で配布する政策を打ち出しました。

布ナプキンの日は、月経の貧困や月経に関するタブーなど、女性たちが抱える問題を解決するために、布ナプキンを広めることを目的としています。布ナプキンは、使い捨ての生理用品に比べて経済的で、環境にも優しいとされています。また、布ナプキンを使うことで、月経に関する知識を深めることができ、女性たちの健康意識を高めることができます。

布ナプキンのメリット

布ナプキンのメリット

布ナプキンのメリット

布ナプキンは、使い捨てナプキンとは異なり、地球にも体にも優しいメリットがあります。まずは、繰り返し使用できるため、ゴミを減らすことができます。近年、地球温暖化が叫ばれる中、一人ひとりができるゴミの削減は、とても大切です。布ナプキンは、ゴミを減らすだけでなく、化学物質を避けることもできます。使い捨てナプキンには、経皮吸収されやすく、子宮がんや乳がんのリスクを高める可能性があるとされる「ジオキシン」が検出されることがありますが、布ナプキンならその心配もありません。さらに、布ナプキンは、肌に優しい素材で作られているため、かぶれや蒸れを防ぐことができます。使い捨てナプキンよりも通気性がよく、ムレを防ぐので、長時間使用しても快適です。

布ナプキンの使い方

布ナプキンの使い方

布ナプキンの使い方

布ナプキンは、使い捨てナプキンと同様に、生理の時に経血を吸収するために使用します。使い方は簡単で、布ナプキンを下着にセットして使用します。布ナプキンは、使い捨てナプキンよりも肌に優しい素材で作られていることが多く、蒸れやムレを防ぐことができます。また、繰り返し洗って使用できるため、経済的でもあります。

布ナプキンを使用する際には、いくつか注意すべき点があります。まず、布ナプキンは使い捨てナプキンよりも吸収力が低いため、こまめに交換する必要があります。また、布ナプキンは洗って繰り返し使用するため、衛生面に注意する必要があります。布ナプキンを洗う際には、他の衣類とは分けて手洗いするか、洗濯機で洗う際にはネットに入れて洗うようにしましょう。また、布ナプキンを干す際には、直射日光を避けて陰干しするようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました