吟の夢の魅力に迫る

スポンサーリンク

吟の夢の魅力に迫る

吟の夢とは。

吟の夢とは、日本酒づくりに適したお米の品種のひとつで、高知県農業技術センターで1990年から育てられ、2002年に品種として登録されました。山田錦と南海102号(ヒノヒカリ)をかけ合わせて作られたお米です。

吟の夢の由来と歴史

吟の夢の由来と歴史

吟の夢の由来と歴史

吟の夢は、1981年に新潟県農業総合研究所で誕生しました。当時は、食味の良い酒米品種の開発を目指して、山田錦や五百万石などの優良品種を交配する研究が行われていました。その中で、山田錦と五百万石の交配から生まれたのが吟の夢です。その名称は「吟醸酒に適した、夢のような酒米」という意味が込められています。

吟の夢は、その名の通り、吟醸酒造りに適した酒米です。山田錦譲りの食味に加え、五百万石の耐寒性や耐病性も受け継いでおり、安定した品質の酒米が収穫できます。また、心白が大きく、タンパク質が少ないため、雑味が少なく、華やかな香りと味わいの吟醸酒を醸すことができます。

吟の夢は、誕生以来、全国各地の酒蔵で採用され、数々の銘酒が誕生しています。その中でも、新潟県産の吟の夢を使った吟醸酒は、特に高い評価を得ています。吟の夢は、新潟県の酒造りの発展に大きく貢献した酒米であり、今後も日本の酒文化を支えていく存在であり続けるでしょう。

吟の夢の特徴

吟の夢の特徴

吟の夢の特徴

吟の夢は、東北農業研究センターが開発した酒造好適米です。1996年に品種登録され、2001年から本格的に栽培が始まりました。吟の夢は、酒米として優れているだけでなく、食用米としても人気があります。その特徴は、以下の通りです。

1.大粒で心白が大きい
吟の夢は、大粒で心白が大きいのが特徴です。心白とは、米の中心にある白い部分のことです。心白が大きいほど、酒米として適していると言われています。

2.タンパク質含有量が少ない
吟の夢は、タンパク質含有量が少ないのも特徴です。タンパク質含有量が少ないと、雑味が少なく、きれいな味わいの日本酒を造ることができます。

3.アミノ酸含有量が高い
吟の夢は、アミノ酸含有量が高いのも特徴です。アミノ酸は、日本酒の旨味成分です。アミノ酸含有量が高いと、旨味のある日本酒を造ることができます。

4.香りが良い
吟の夢は、香りが良いのも特徴です。吟醸香と呼ばれる華やかな香りが特徴ですが、これは酒米に含まれる芳香成分によるものです。

5.栽培しやすい
吟の夢は、栽培しやすいのも特徴です。病気や害虫に強く、倒れにくいので、安定した収穫量を得ることができます。このため、全国各地で栽培されています。

吟の夢を使ったお酒

吟の夢を使ったお酒

吟の夢を使ったお酒は、そのふくよかで華やかな味わいが特徴です。吟の夢は、宮城県産の酒米で、大粒で心白が大きく、香りの高い品種です。この吟の夢を使ったお酒は、フルーティーな香りと、まろやかな甘みが特徴です。また、吟の夢は、冷やして飲むとすっきりとした味わい、ぬる燗にして飲むとまろやかな味わいを堪能できます。

吟の夢を使ったお酒は、様々な種類があります。純米酒、吟醸酒、大吟醸酒など、その精米歩合や製法によって、味わいが異なります。また、吟の夢を使ったスパークリング日本酒や、吟の夢を使ったリキュールなど、様々なバリエーションのお酒も販売されています。

吟の夢を使ったお酒は、その華やかな香りとまろやかな甘みが特徴のため、女性に人気が高いです。また、吟の夢を使ったお酒は、その上品な味わいが特徴のため、贈答用としてもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました