コロンビア革命軍 歴史と武力解除

スポンサーリンク

コロンビア革命軍 歴史と武力解除

コロンビア革命軍とは。

コロンビア革命軍は、1960年代にコロンビアの農民の自警団として結成された組織で、南米最大の反政府軍事組織として知られていた。活動範囲はコロンビア、エクアドル、パナマ、ベネズエラに及んでいた。

当初の目的は、コロンビア政府を倒して左翼政権を樹立することだったが、勢力拡大に伴い、犯罪組織化が進み、資金源として麻薬取引に関与したほか、政府関係者や外国企業関係者の誘拐・殺害事件も起こした。日本人も被害に遭っている。

1997年にアメリカ合衆国財務省外国資産管理局(OFAC)により外国テロ組織(FTO)に指定され、2012年にキューバ政府の仲介によりコロンビア政府との和平交渉を開始した。2016年に和平が成立し、2017年8月に国連監視団の管理のもとで戦闘員の武装解除が完了した。

コロンビア革命軍とは

コロンビア革命軍とは

コロンビア革命軍 (FARC) は、コロンビア最大の反政府勢力として知られる左翼武装組織です。コロンビア国内で50年以上にわたる武装闘争を続けてきた組織であり、政府との和平協定締結により武装解除が完了しました。

FARCは1964年にマヌエル・マロランダーによって設立され、当初は貧しい農民や労働者の権利を守ることを目的としていました。しかし、政府の弾圧を受け、武装闘争に転じました。ゲリラとして活動するようになり、誘拐や麻薬取引などの犯罪行為にも手を染めるようになりました。

FARCはコロンビア政府と断続的な和平交渉を重ねてきましたが、2012年に本格的な交渉を開始し、2016年に最終合意に達しました。合意により、FARCは武装解除を行い、政治組織として活動することを認められました。

FARCの武装解除は、コロンビアにとって大きな前進であり、50年以上続いた内戦の終結を意味しています。しかし、FARCの武装解除は容易ではなく、依然として犯罪組織や左翼反政府勢力が国内に存在し、治安の回復には長い時間がかかる見通しです。

和平交渉と武装解除

和平交渉と武装解除

コロンビア政府とコロンビア革命軍(FARC)の間で和平交渉と武装解除のプロセスが始まりました。このプロセスは長年にわたる武力衝突を終結させ、コロンビアに持続可能な平和をもたらすことを目指しています。

和平交渉は2012年10月にノルウェーのオスロで開始され、2016年8月にコロンビアのハバナで最終合意が署名されました。合意では、FARCが武装解除し、政治プロセスに参加することが規定されています。政府は、FARCの戦闘員に恩赦を与え、土地改革や社会開発計画を実施することに同意しました。

武装解除のプロセスは、2017年1月に開始されました。最初の段階では、FARCは武器や弾薬を国連の監視下に置きました。その後、戦闘員は復員キャンプに移り、社会復帰のための訓練を受けました。

2017年8月までに、FARCはすべての武器と弾薬を国連に引き渡し、武装解除が完了しました。これにより、コロンビア政府とFARCの間の50年以上にも及ぶ武力衝突が終結しました。

武装解除完了後、FARCは政党「コモンズ」を結成し、2018年の大統領選挙に参加しました。コモンズは、コロンビア議会の議席を獲得し、政治プロセスに参加することになりました。

和平交渉と武装解除のプロセスは、コロンビアに持続可能な平和をもたらすために重要な一歩となりました。しかし、課題は依然として残っています。コロンビア政府は、社会開発や経済開発を通じて、FARCの元戦闘員やその家族を支援していく必要があります。また、政府は、麻薬取引や違法採掘などの犯罪に対処する必要があります。

麻薬取引と犯罪組織化

麻薬取引と犯罪組織化

麻薬取引と犯罪組織化

コロンビア革命軍は、麻薬取引に深く関与しており、コロンビアの麻薬カルテルと協力してコカインを生産、流通させていた。コカインの生産は、コロンビア革命軍の重要な資金源であり、武器や弾薬の購入、兵士の給与の支払いに使用されていた。また、コロンビア革命軍は、麻薬の密輸ルートを支配し、密輸業者から保護料を徴収していた。これにより、コロンビア革命軍は、莫大な利益を得ていた。

コロンビア革命軍の犯罪組織化は、麻薬取引だけでなく、誘拐、恐喝、密輸などにも及んでいた。コロンビア革命軍は、誘拐を重要な資金調達手段としており、政治家、実業家、ジャーナリストなど、多くの人々を誘拐して身代金を要求した。また、コロンビア革命軍は、企業や個人を恐喝して金銭を要求したり、武器や弾薬を密輸したりしていた。

コロンビア革命軍の麻薬取引と犯罪組織化は、コロンビアの治安を悪化させ、人々の安全を脅かす大きな要因となっていた。コロンビア政府は、コロンビア革命軍の麻薬取引と犯罪組織化を阻止するために、軍や警察による掃討作戦を展開していたが、コロンビア革命軍は、これらの作戦を巧みに回避し、活動を継続していた。

タイトルとURLをコピーしました