水野流を知る

スポンサーリンク

水野流を知る

水野流とは。

水野流とは、居合術の様々な流派の一つであり、水野新五左衛門重治によって17世紀に創始された。

水野流の起源と歴史

水野流の起源と歴史

水野流の起源と歴史

水野流は、戦国時代に活躍した武将、水野勝成が開いた槍術の流派です。水野勝成は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康に仕え、数々の戦いで活躍しました。水野流は、水野勝成の槍術の技術がもとになっており、水野勝成が家臣に伝えたことから始まりました。

水野流は、江戸時代には大いに発展し、全国各地に広まりました。水野流の槍術は、実戦的な武術としてだけでなく、武芸としての価値も認められるようになり、多くの武士が水野流を学びました。水野流は、幕末まで盛んに伝承され、明治維新後もその伝統は受け継がれています。

現在、水野流は日本各地に支部があり、多くの門人が水野流の槍術を学んでいます。水野流は、日本の伝統的な武術として、今なおその価値を高めています。

水野流の型と技

水野流の型と技

水野流の型と技

水野流の型には、初型、中型、奥型があり、それぞれに決まった技があります。初型は、水野流の基本である五つの技を組み合わせたもので、基本的な技を身につけるためのものです。中型は、初型の技を応用したもので、より複雑な技を身につけるためのものです。奥型は、中型の技をさらに応用したもので、水野流の最高峰の技を身につけるためのものです。

水野流の技は、大きく分けて、打撃技、投げ技、関節技の三つに分けられます。打撃技は、拳、手刀、足などを使って相手を攻撃する技です。投げ技は、相手のバランスを崩して投げ倒す技です。関節技は、相手の関節を極めて動けなくする技です。

水野流の打撃技には、突き、蹴り、打ちの三つがあります。突きとは、拳や手刀を伸ばして相手を攻撃する技です。蹴りとは、足を使って相手を攻撃する技です。打ちとは、肘や膝を使って相手を攻撃する技です。

水野流の投げ技には、小外刈り、大外刈り、内股、背負い投げなどがあります。小外刈りは、相手の足を払って投げ倒す技です。大外刈りは、相手の足を大きく払って投げ倒す技です。内股は、相手の足を内側からすくい上げて投げ倒す技です。背負い投げは、相手の背中に回り込んで投げ倒す技です。

水野流の関節技には、腕ひしぎ十字固め、三角絞め、袈裟固めなどがあります。腕ひしぎ十字固めは、相手の腕を十字に極めて動けなくする技です。三角絞めは、相手の首を絞めて動けなくする技です。袈裟固めは、相手の体を袈裟のように固めて動けなくする技です。

水野流の精神と文化

水野流の精神と文化

水野流の精神と文化

水野流の精神は、「一生涯、剣術を学び続けること」です。水野流の創始者である水野勝成は、常に新しい技を開発し、弟子たちに教え続けました。水野流の弟子たちは、師匠の教えを忠実に守り、剣術の道を極めるために努力しました。

水野流の文化は、厳格な礼儀作法と規律を重んじるものです。水野流の弟子たちは、師匠や先輩に対して敬意を払い、稽古中は常に真剣に取り組みます。水野流では、稽古だけでなく、日常の生活においても礼儀作法を重んじることを大切にしています。

水野流の精神と文化は、現代の剣道にも受け継がれています。剣道の稽古では、礼儀作法を守り、真剣に稽古に取り組むことが求められています。剣道は、単なる格闘技ではなく、精神修養の場でもあります。剣道を通して、人間としての成長を目指しています。

タイトルとURLをコピーしました