津ぎょうざの歴史と魅力

スポンサーリンク

津ぎょうざの歴史と魅力

津ぎょうざとは。

津ぎょうざは、三重県津市で生まれたご当地グルメです。直径15センチの大きな皮に具材を包んで揚げた餃子で、1980年代に学校給食のメニューとして考案されました。2008年の「津まつり」で提供されたことがきっかけで話題となり、今では市内の飲食店でも提供されています。

津ぎょうざの誕生と学校給食との関係

津ぎょうざの誕生と学校給食との関係

津ぎょうざの誕生と学校給食との関係

津ぎょうざの歴史を語る上で、忘れてはならないのが学校給食との関係です。津ぎょうざが誕生したのは、1965年のこと。当時、津市の学校給食では、給食の主食として米飯が提供されていましたが、栄養価の高い副菜が不足していました。そこで、津市教育委員会は、栄養価が高く、児童生徒に喜ばれる料理を開発することを検討。その結果、誕生したのが、津ぎょうざでした。

津ぎょうざは、豚肉、キャベツ、ニラ、ニンジンなどの具材を、皮で包んで揚げた料理です。一見、一般的なぎょうざと似ていますが、津ぎょうざの特徴は、その皮の薄さとパリパリとした食感です。また、具材には、地元産の新鮮な野菜がふんだんに使用されています。

津ぎょうざは、児童生徒に大好評を博し、瞬く間に津市の学校給食の定番メニューとなりました。そして、給食を通じて、津ぎょうざは津市民に広く知られるようになり、今では、津市のソウルフードとして愛されています。

津ぎょうざが市内の飲食店で提供されるようになるまでの経緯

津ぎょうざが市内の飲食店で提供されるようになるまでの経緯

津ぎょうざが市内の飲食店で提供されるようになるまでの経緯は、津ぎょうざの普及に大きな役割を果たしました。1962年、津市観光協会が津ぎょうざを積極的にPRするため、飲食店や百貨店に津ぎょうざの提供を呼びかけました。その結果、市内中心部の飲食店や百貨店で津ぎょうざを提供する店が増え始め、津ぎょうざは津の名物として市民に親しまれるようになりました。

また、1972年に開催された第1回津ぎょうざまつりも、津ぎょうざの普及に貢献しました。このまつりは、津ぎょうざの美味しさを広く知ってもらうため、津市観光協会が主催して開催されました。まつりでは、津ぎょうざの販売や津ぎょうざの作り方教室などが行われ、多くの市民が参加しました。このまつりを機に、津ぎょうざは津のソウルフードとして市民に定着したのです。

その後も、津ぎょうざは津市のイベントや物産展などで積極的にPRされ、その人気は県外にも広がっていきました。現在では、津ぎょうざは三重県を代表するグルメとして全国に知られています。

津ぎょうざの特徴と人気の理由

津ぎょうざの特徴と人気の理由

津ぎょうざの特徴と人気の理由

津ぎょうざは、津市発祥のご当地グルメです。皮は厚めでモチモチした食感が特徴で、餡は豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニクなどを基本として、各店独自の工夫が凝らされています。

津ぎょうざの人気の理由は、その味のバリエーションの豊富さです。ニンニクを効かせたガッツリ系から、素材の旨味が活きたあっさり系まで、各店が独自のタレやトッピングで勝負しています。

また、津ぎょうざは、気軽に食べられるのも魅力です。津市内の飲食店をはじめ、スーパーやコンビニでも販売されており、どこでも手に入れることができます。

観光客に人気の津ぎょうざですが、地元の人にも愛されています。ソウルフードとして、親しまれている津ぎょうざは、津市を訪れた際にはぜひ味わいたい一品です。

タイトルとURLをコピーしました