「オリンピックメモリアルデー」の歴史と由来

スポンサーリンク

「オリンピックメモリアルデー」の歴史と由来

オリンピックメモリアルデーとは。

2月7日は、オリンピックメモリアルデーです。この記念日は、日本青年会議所北信越地区長野ブロック協議会によって制定されました。1998年2月7日に長野冬季オリンピックの開会式が行われたことを記念しています。

「オリンピックメモリアルデー」とは

「オリンピックメモリアルデー」とは

「オリンピックメモリアルデー」は、1964年(昭和39年)に日本で行われた東京オリンピックを記念して、翌年1965年(昭和40年)に制定された国民の祝日です。正式名称は「体育の日」ですが、「オリンピックメモリアルデー」とも呼ばれています。

「オリンピックメモリアルデー」の目的は、国民がスポーツに親しみ、健康で明るい生活を送ることを願うとともに、東京オリンピックの成功を記念することです。また、この日に開催される「国民体育大会」や「全国高等学校総合体育大会」などのスポーツ大会を通じて、スポーツの普及と振興を図ることを目的としています。

制定の経緯

制定の経緯

「オリンピックメモリアルデー」は、1964年10月10日に開催された東京オリンピックを記念して制定された国民の祝日です。制定の経緯は、1964年の東京オリンピックが成功裏に終了した後、国民の間からは「オリンピックを記念する国民の祝日」を求める声が強まりました。

政府は、この声に応えて「オリンピック記念日」の制定を検討し、1966年に「オリンピック記念日法」が公布されました。この法律により、オリンピックメモリアルデーは、毎年10月10日が国民の祝日と定められました。

記念日の意義

記念日の意義

記念日の意義

「オリンピックメモリアルデー」は、日本のスポーツとオリンピックを祝う日として制定されました。この記念日は、毎年10月10日に開催され、オリンピックの精神を促進し、スポーツの重要性を認識することを目的としています。また、この記念日は、オリンピックで活躍した日本選手を称賛し、スポーツへの功績をたたえる日でもあります。

「オリンピックメモリアルデー」の意義は、スポーツを通じた国際交流と親善を促進することです。オリンピックは、世界中の人々が一堂に会し、スポーツを競い合う国際的なイベントです。このイベントを通じて、異なる文化や習慣を持つ人々が交流し、相互理解を深めることができます。また、オリンピックは、世界平和を促進する役割も果たしています。オリンピックを通じて、世界中の人々がスポーツの精神を共有し、平和の大切さを認識することができます。

タイトルとURLをコピーしました