アイデアの日とは

スポンサーリンク

アイデアの日とは

アイデアの日とは。

アイデアの日ってあるのを知っていますか?
6月1日はアイデアの日です。サンスター文具株式会社が制定しました。これは、アイデア商品を販売する同社の創業者、小林三造の命日にちなみ、「アイデアに挑戦する日」とされています。
アイデアの日には、アイデア商品の公募が行われ、商品化を前提とした賞の授賞式などが行われます。

サンスター文具制定

サンスター文具制定

サンスター文具制定

アイデアの日とは、サンスター文具株式会社が制定した記念日です。日付は2月11日。「フ(2)ー(11)ミ(イ)=アイデア」の語呂合わせが由来となっています。

サンスター文具は1946年(昭和21年)に設立された、文房具メーカーです。同社は、事務用品や学校用品、画材、おもちゃなど、幅広い商品を取り扱っています。

サンスター文具がアイデアの日を制定した目的は、一人ひとりの発想力を育み、創造的な社会を実現すること。そして、同社独自の商品開発に活かすためです。

アイデアの日には、サンスター文具では、様々なイベントやキャンペーンを開催しています。例えば、文房具や画材を使ったワークショップや、アイデアコンテストなど。また、同社は、ホームページにアイデアを発信するコーナーを設けており、自由にアイデアを投稿することができます。

サンスター文具のアイデアの日を通じて、一人ひとりの発想力を育み、創造的な社会を実現したいという思いが込められています。

小林三造の命日

小林三造の命日

小林三造の命日

アイデアの日とは、小林三造の命日にあたる1月15日に制定された記念日です。小林三造は、日本の実業家で、理想科学工業株式会社の創業者です。小林三造は、アイデアを重んじ、自らも多くのアイデアを生み出しました。また、同氏は、新商品開発を重視し、理想科学工業株式会社を日本の大手企業に成長させました。

小林三造は、1892年1月15日に生まれ、1970年1月15日に亡くなりました。小林三造の命日は、アイデアの日として制定され、彼の功績を称えています。アイデアの日には、小林三造の功績を偲ぶとともに、アイデアの大切さを啓発するイベントやキャンペーンが行われます。

アイデア商品公募

アイデア商品公募

アイデア商品公募

アイデアの日においては、アイデア商品公募も行われます。これは、一般の人々から新しいアイデアを募集するもので、アイデアが採用された場合には、賞金や商品が贈られます。アイデア商品公募は、新しいアイデアを世の中に広め、新しい製品やサービスを生み出すことを目的としています。アイデア商品公募には、年齢や性別、職業などの制限はありません。誰でも参加することができます。アイデア商品公募には、毎年多くの人が参加しており、中には実際に製品化されたアイデアもあります。アイデア商品公募で採用されたアイデアは、世の中をより便利で豊かにする可能性を秘めています。アイデア商品公募に参加して、あなたのアイデアを世の中に広めてみませんか。

アイデア商品公募に参加するには、アイデア商品公募の募集要項を確認して、応募用紙を提出する必要があります。応募用紙には、アイデアの概要、アイデアのメリット、アイデアの実現方法などを記載します。アイデア商品公募の審査は、専門家によって行われます。審査員は、アイデアの独創性、実現性、社会性などを評価して、採用するアイデアを決定します。アイデア商品公募で採用されたアイデアは、賞金や商品が贈られます。また、アイデアが製品化された場合には、製品の売り上げの一部が還元されることもあります。

タイトルとURLをコピーしました