女性器切除の根絶のための国際デー ー 女性器切除の現状と課題

スポンサーリンク

女性器切除の根絶のための国際デー ー 女性器切除の現状と課題

女性器切除の根絶のための国際デーとは。

2月6日は、女性器切除撲滅のための国際デーです。国際デーのひとつです。英語表記は「International Day of Zero Tolerance for Female Genital Mutilation」です。

女性器切除の根絶のための国際デーとは?

女性器切除の根絶のための国際デーとは?

「女性器切除の根絶のための国際デーとは?」

女性器切除の根絶のための国際デーとは、女性器切除の撲滅を目指す国際的な活動の一環として、毎年2月6日に実施されている記念日です。この記念日は、女性器切除が人権侵害であり、女性の健康や権利を侵害する行為であることを世界に発信し、女性器切除の根絶を訴えることを目的としています。

女性器切除は、世界27カ国以上で実施されていると推定されており、2億人以上の女性が被害者とされています。女性器切除は、性的快楽を得るために女性器を切除したり、女性の貞操を守るために実施されるものとされており、深刻な健康被害をもたらします。女性器切除は、出血、感染症、不妊などの身体的な問題を引き起こすだけでなく、精神的な問題も引き起こします。

女性器切除の根絶のための国際デーは、女性器切除の撲滅を訴えるとともに、女性器切除の被害者に対する支援活動も行っています。また、女性器切除の根絶に向けて、啓発活動や政策提言も行っています。

女性器切除の現状と課題

女性器切除の現状と課題

女性器切除とは、女性の外性器の一部または全部を切除する慣習であり、深刻な健康上の問題を引き起こすことがあります。これは、多くの場合、若い少女に対して行われ、結婚準備の一環として、または宗教的儀式の一部として行われます。世界保健機関(WHO)によると、現在、世界中で約2億人の女性が女性器切除を受けており、毎年約300万人の女の子がリスクにさらされています。

女性器切除の慣習は、女性に対する暴力の一形態であり、女性の人権を侵害するものです。女性器切除は、女性に肉体的、精神的、性的健康上の問題を引き起こすことが多く、中には死に至ることもあります。また、女性器切除は、女性が性をコントロールする力を奪うものであり、女性が性暴力や性搾取を受けやすくなる一因にもなります。

女性器切除の慣習を根絶するためには、国際社会の協力が必要です。女性器切除の現状と課題を認識し、女性器切除の慣習をなくすための取り組みを支援することが重要です。また、女性器切除の被害者への支援も必要です。女性器切除の被害者は、肉体的、精神的、性的健康上の問題を抱えていることが多く、適切なケアとサポートを受ける必要があります。

タイトルとURLをコピーしました