ヌスラ戦線とは?アルカイダの忠実な過激派たち

スポンサーリンク

ヌスラ戦線とは?アルカイダの忠実な過激派たち

ヌスラ戦線とは。

ヌスラ戦線は、《Jabhatal-Nusra》というスンニ派イスラム過激組織です。シリア、レバノンなどで活動しており、2012年に結成されました。主な目的は、シリア政府を倒してイスラム法に基づく支配体制を樹立することです。

当初、ヌスラ戦線は「イラク・イスラム国(ISI)」の最高指導者バグダディらの影響下におかれていました。2012年12月には、ISIの別称として米国FTO(外国テロ組織)に指定されました。しかし、2013年にISIが「イラク・レバントのイスラム国(ISIL)」への改称を宣言すると、ヌスラ戦線はそれに統合されることを拒否し、「アルカイダ」の最高指導者ザワヒリへの忠誠を宣言しました。

2014年以降、ヌスラ戦線とISILの衝突が本格化しました。同年、米国はFTO指定を改訂し、ISILとは別の組織としてヌスラ戦線をFTOに指定しました。2016年7月にはヌスラ戦線はアルカイダからの離脱を表明し、「ファテフ・アル・シャーム戦線(JFS)」を経て、2017年から「タハリール・アル・シャーム機構(HTS)」を結成しています。

ヌスラ戦線の結成と目的

ヌスラ戦線の結成と目的

ヌスラ戦線とは、シリア内戦に端を発し、シリアおよびイラクを拠点とするイスラム過激派組織である。2012年1月に結成され、アルカイダと密接な関係を有する。その目的は、イスラム教に基づく国家をシリアに樹立することである。

ヌスラ戦線の創設者であるアブ・モハメド・アル・ジュラーニは、シリア国内においてアルカイダを支持する組織を結成するため、アルカイダ指導部の許可を得た。この組織は「シリア・イラク・イスラム国(ISIS)」として知られていたが、2014年に「イスラム国(IS)」に改名された。ISは、シリアとイラクの大部分を占拠し、イスラム教に基づくカリフ制国家を樹立した。

その後、ISの拡大はヌスラ戦線と対立するようになり、ヌスラ戦線はISと戦うことを決意した。ヌスラ戦線はアメリカ合衆国や他の国々からの支援を受けて、ISと戦い、シリアとイラクからISを駆逐することに成功した。しかし、ヌスラ戦線はその後もシリア政府と戦い続けており、シリア内戦は現在も続いている。

タハリール・アル・シャーム機構への改組

タハリール・アル・シャーム機構への改組

ヌスラ戦線は、2012年にアブ・モハメッド・アル・ジョラーニが率いて結成されたシリアのイスラム過激派組織です。このグループは、シリア政府を打倒し、シャリアに基づくイスラム国家を樹立することを目的としています。ヌスラ戦線は、シリア内戦において最も強力な反政府勢力の一つであり、多くの攻撃に関与しています。このグループは、人道に対する罪や戦争犯罪を犯しているとして非難されています。

2017年、ヌスラ戦線は改称してタハリール・アル・シャーム機構となりました。この改称は、このグループがアルカイダとの関係を断ち、より穏健な組織になることを目的としていました。しかし、タハリール・アル・シャーム機構は依然として過激派組織とみなされており、シリア政府や他の反政府勢力と交戦しています。

タハリール・アル・シャーム機構は、シリア内戦の主要な勢力の一つであり、このグループの将来はシリアの将来に大きな影響を与えるでしょう。このグループが穏健な組織になることができるのか、それとも過激派組織であり続けるのかは、まだ不透明です。

タイトルとURLをコピーしました