氷見の漁師飯「かぶす汁」

スポンサーリンク

氷見の漁師飯「かぶす汁」

かぶす汁とは。

かぶす汁とは、富山県の郷土料理です。“かぶす”とは氷見地方の漁師言葉で「分け前」を意味します。漁師たちが市場に卸さない獲れたての魚を船上でぶつ切りにし、海水で洗って大鍋で味噌汁にしたものが起源です。その時獲れた魚によって種類は異なりますが、旬の魚が数種類入り、濃厚な魚介のダシと濃い目の味つけに特徴があります。

かぶす汁の歴史

かぶす汁の歴史

かぶす汁の歴史は古く、室町時代の文書の中に記述されている記録がある。当時は、「かぶす」と呼ばれる漁法で獲れた魚を汁物にしたものが「かぶす汁」と呼ばれていた。かぶす漁法とは、海中に網を沈めて魚を捕獲する漁法であり、氷見地方では盛んに行われていた。

江戸時代になると、「かぶす汁」は氷見の漁師飯として親しまれるようになり、現在でも氷見の郷土料理として愛されている。この料理は、かぶす漁法で獲れた魚、野菜、味噌などを煮込んだもので、魚介類の旨味と野菜の甘みが溶け込んだ、滋味深い味わいが特徴です。かぶす汁は、温かいご飯にかけて食べるのが一般的です。

かぶす汁は、氷見の漁師たちが、獲れた魚を無駄なく食べるために作られた料理である。また、冬の厳しい寒さをしのぐための栄養価の高い料理としても重宝されてきた。氷見のかぶす汁は、その土地の歴史や文化を反映した郷土料理として、これからも長く愛され続けるだろう。

かぶす汁の作り方

かぶす汁の作り方

かぶす汁の作り方

かぶす汁は、氷見に古くから伝わる漁師飯です。新鮮な魚介類と野菜をたっぷり使用し、味噌で味付けした汁物です。かぶす汁は、氷見の郷土料理として知られ、地元の人々に親しまれています。

かぶす汁の作り方は、まず魚介類をさばきます。魚介類は、ブリ、サバ、タイなどがよく使われます。魚介類をさばいたら、鍋に水と酒を入れ、魚介類を入れて煮ます。魚介類に火が通ったら、野菜を加えます。野菜は、大根、人参、ごぼう、里芋などがよく使われます。野菜を煮たら、味噌を加えて味付けします。味噌は、白味噌や赤味噌など、好みのもので構いません。かぶす汁は、最後にネギを散らして完成します。

かぶす汁は、栄養価が高く、食べ応えのある汁物です。寒い冬の時期には、体を温めてくれるので、おすすめです。かぶす汁は、氷見の郷土料理として知られていますが、家庭でも簡単に作ることができます。ぜひ、一度作ってみてはいかがでしょうか。

かぶす汁の味の特徴

かぶす汁の味の特徴

かぶす汁の味の特徴は、何と言ってもその具材の豊富さだ。魚介類では、ブリやサワラ、ハマチ、サザエ、エビ、イカ、ホタテなど、氷見の海で獲れる魚介類がたっぷり入っている。野菜類では、かぶ、大根、人参、ゴボウ、里芋、長ネギ、白菜、春菊など、畑の恵みがふんだんに使われている。また、豆腐、油揚げ、こんにゃくなどの加工食品も欠かせない。具材がこれだけ豊富なので、その味わいはまさに海の幸と山の幸が織りなすハーモニーである。

かぶす汁のもう一つの特徴は、その出汁の旨味である。魚介類や野菜、加工食品から出る出汁が、スープに溶け出して、なんとも言えない深い味わいを醸し出している。また、味噌の風味もアクセントになっていて、全体をうまくまとめてくれている。

かぶす汁は、氷見の漁師飯の代表格である。氷見の海の幸と山の幸をふんだんに使い、出汁の旨味を利かせた、滋味深い汁物である。氷見を訪れた際には、ぜひ一度食べていただきたい一品です。

タイトルとURLをコピーしました