日本伝熱学会について知る

スポンサーリンク

日本伝熱学会について知る

日本伝熱学会とは。

日本伝熱学会は、日本の学術研究団体です。英語の名称は「The Heat Transfer Society of Japan」です。この学会では、伝熱学と熱科学に関する研究を行っています。事務所は東京都千代田区にあります。日本伝熱学会は、公益社団法人です。

日本伝熱学会の活動と研究

日本伝熱学会の活動と研究

日本伝熱学会の活動と研究

日本伝熱学会は、1943年に設立された学術団体です。伝熱に関する研究や技術開発を促進することを目的としており、会員数は約1,500名です。

学会では、年次大会や研究発表会、国際会議などを開催しています。また、伝熱に関する専門誌を発行し、研究成果を広く発信しています。

日本伝熱学会の研究分野は多岐にわたっており、熱伝導、熱対流、熱放射、伝熱機器、熱物性、熱測定などがあります。

学会では、これらの研究分野で最新の研究成果を発表し、議論を行うことで、伝熱に関する知識や技術の発展に寄与しています。

また、学会は、伝熱に関する教育や普及活動にも力を入れています。伝熱に関するセミナーやワークショップを開催し、伝熱に関する知識を広く普及させています。

日本伝熱学会は、伝熱に関する研究や技術開発を促進し、伝熱に関する知識や技術の発展に寄与する学術団体です。

日本伝熱学会の歴史と設立目的

日本伝熱学会の歴史と設立目的

-日本伝熱学会の歴史と設立目的-

日本伝熱学会の歴史は、1950年に設立された日本伝熱研究会にまでさかのぼる。日本伝熱研究会は、伝熱に関する研究の進歩を図り、日本の伝熱技術の発展に寄与することを目的として設立された。1958年に日本伝熱学会と改称し、現在では国内外の研究者が参加する学会として発展している。

日本伝熱学会の設立目的は、伝熱に関する研究の進歩を図り、日本の伝熱技術の発展に寄与することである。この目的を達成するために、学会では研究発表会、シンポジウム、学会誌の発行、国際学会への参加など、さまざまな活動を行っている。

研究発表会は、伝熱に関する研究成果を発表する場として開催されている。シンポジウムは、伝熱に関する特定のテーマについて専門家が講演を行う場として開催されている。学会誌は、伝熱に関する研究論文を掲載した学術誌である。国際学会への参加は、日本の伝熱技術を世界に発信する場として重要である。

日本伝熱学会は、伝熱に関する研究の進歩を図り、日本の伝熱技術の発展に寄与することを目的とした学会である。学会では、研究発表会、シンポジウム、学会誌の発行、国際学会への参加など、さまざまな活動を行っている。

日本伝熱学会の会員資格と特典

日本伝熱学会の会員資格と特典

日本伝熱学会の会員資格と特典

日本伝熱学会の会員資格は、正会員、学生会員、賛助会員の3種類があります。正会員は、伝熱工学の分野において研究に従事している者、または伝熱工学の分野において高度な専門知識を有する者であれば、誰でもなることができます。学生会員は、伝熱工学の分野を専攻している大学院生または学部生であり、学会の目的および活動に賛同する者であれば、誰でもなることができます。賛助会員は、学会の目的および活動に賛同する法人または団体であれば、誰でもなることができます。

日本伝熱学会の会員になると、以下の特典を受けることができます。

学会誌の購読会員は、学会誌「伝熱工学論文集」を無料で購読することができます。伝熱工学論文集は、伝熱工学の分野における最新の研究成果を掲載した学術雑誌です。

学会大会への参加会員は、学会大会に割引料金で参加することができます。学会大会は、伝熱工学の分野における最新の研究成果を発表する場であり、研究者やエンジニアが交流する場でもあります。

研究発表の機会会員は、学会大会で研究発表を行うことができます。研究発表は、研究成果を他の研究者やエンジニアに発表する機会であり、研究の発展に役立てることができます。

学会賞の応募資格会員は、学会賞に応募することができます。学会賞は、伝熱工学の分野において顕著な研究成果を挙げた研究者に贈られる賞です。

委員会活動への参加会員は、学会の委員会活動に参加することができます。委員会活動は、学会の運営に参画する機会であり、学会の発展に貢献することができます。

日本伝熱学会の会員資格は、伝熱工学の分野で活躍する研究者やエンジニアにとって、貴重な特典を受けることができます。ぜひ、日本伝熱学会に入会して、これらの特典を活用してください。

タイトルとURLをコピーしました