岐阜県のご当地キャラクター ヤマリンについて

スポンサーリンク

岐阜県のご当地キャラクター ヤマリンについて

ヤマリンとは。

ヤマリンは、岐阜県を拠点に活動するマスコットキャラクターです。2009年に登場し、農林水産部水産課に所属しています。キャラクターのデザインは、頭が山、胴体が川の流れ、足が海を表しています。2010年の「第31回全国豊かな海づくり大会」をPRするために制作されました。名前は、「山」と「マリン」を組み合わせたものです。

ヤマリン誕生の経緯と活動内容

ヤマリン誕生の経緯と活動内容

-ヤマリン誕生の経緯-

ヤマリンは、2004年10月29日に岐阜県庁で誕生しました。その誕生には、岐阜県の魅力を全国にPRし、県民の郷土愛を醸成するという目的がありました。ヤマリンは、岐阜県と岐阜県観光連盟が共同で企画し、デザインは公募によって決定されました。

-ヤマリンの活動内容-

ヤマリンは、主に岐阜県内のイベントに参加して、岐阜県の魅力をPRしています。また、県外のイベントに参加することもあり、全国各地で岐阜県の知名度を高める活動をしています。

ヤマリンは、岐阜県内外のイベントに参加するだけでなく、岐阜県の特産品や観光スポットを紹介するパンフレットやポスターにも登場しています。また、ヤマリンのぬいぐるみや文房具などのグッズも販売されており、岐阜県のお土産として人気を集めています。

ヤマリンの活動は、岐阜県の魅力を全国にPRし、県民の郷土愛を醸成するという目的を達成するために大きく貢献しています。ヤマリンは、岐阜県を代表するキャラクターとして、これからも活躍を続けていくことでしょう。

マリンの見た目の愛くるしさにキュン!

マリンの見た目の愛くるしさにキュン!

ヤマリンの見た目は、思わずキュンとしてしまう愛くるしさです。真っ白な体に、つぶらな瞳と、ピンク色のほっぺたがチャームポイントです。頭には、岐阜県の名産品である飛騨牛をモチーフにした角が生えていて、その角の間には、岐阜県のシンボルである金華山が描かれた帽子をかぶっています。また、首には、岐阜県の花であるサクラのネックレスを身に着けています。さらに、手には、岐阜県の特産品である鮎のぬいぐるみを持っています。ヤマリンの愛くるしい見た目は、岐阜県の魅力を十分にアピールしています。

岐阜県の水産業PRキャラクターとして活躍中

岐阜県の水産業PRキャラクターとして活躍中

岐阜県の水産業PRキャラクターとして活躍中のヤマリンは、2011年3月11日に発生した東日本大震災で甚大な被害を受けた県内の水産業を復興し、水産物を多くの人に知ってもらうことを目的に、2012年に誕生しました。ヤマリンは、県の魚であるサワラの形をモチーフにしており、頭にはサワラの背びれをイメージしたヒレのような帽子を被っています。また、胴体はサワラの身の部分をイメージした白色で、パーカーを着ていることから、身体が暖かいという設定になっています。ヤマリンは、県内の水産業をPRするため、イベントやテレビ番組に出演したり、県内の小学校や幼稚園を訪れて、水産業の大切さや水産物の美味しさを伝えたりする活動を行っています。

タイトルとURLをコピーしました