グリーンフェスタひろしま’97を振り返る

スポンサーリンク

グリーンフェスタひろしま’97を振り返る

グリーンフェスタひろしま’97とは。

1997年9月20日から11月24日まで、広島県にて開催された「第14回全国都市緑化フェア」は、「グリーンフェスタひろしま’97」という愛称で知られています。

フェアの概要

フェアの概要

1997年7月26日から8月10日まで、広島県広島市で「グリーンフェスタひろしま’97」というイベントが開催されました。このイベントは、広島県が主催し、広島市、広島県商工会議所、広島県観光連盟、中国新聞社などが共催したものです。イベントのテーマは「緑がもたらす豊かさ」。緑の大切さを再認識し、緑豊かな社会を築いていくためのさまざまな催しが行われました。

フェアは、広島市中区の平和記念公園一帯を会場に、期間中15日間開催されました。メイン会場となったのは、広島平和記念公園内のレストハウス前広場。ここでは、緑に関連したさまざまな展示やイベントが行われました。また、公園内には、緑の重要性を訴えるパネル展や、緑豊かな街づくりを提案するコンクールなどの催しも数多く設けられました。

フェアの目的

フェアの目的

フェアの目的

グリーンフェスタひろしま’97の目的は、環境問題への関心を高め、環境保全の重要性を認識してもらうことでした。また、環境保全に貢献する取り組みを紹介し、環境保全活動への参加を促すことも目的の一つでした。さらに、環境保全に関する情報や知識を共有し、環境保全活動の輪を広げることも目指していました。

グリーンフェスタひろしま’97は、環境問題への関心を高め、環境保全の重要性を認識してもらうために開催されました。フェアでは、環境保全に貢献する取り組みを紹介し、環境保全活動への参加を促しました。また、環境保全に関する情報や知識を共有し、環境保全活動の輪を広げることも目指しました。

グリーンフェスタひろしま’97は、環境保全に対する関心を高め、環境保全活動の輪を広げることに成功したイベントとなりました。フェアでは、環境保全に貢献する取り組みを紹介し、環境保全活動への参加を促しました。また、環境保全に関する情報や知識を共有し、環境保全活動の輪を広げることも目指しました。

フェアの成果

フェアの成果

フェアの成果

グリーンフェスタひろしま’97は、多くの成果を上げました。まず、来場者数は約25万人と、目標を大きく上回りました。また、出展者数も約150団体と、こちらも目標を上回りました。さらに、イベントの内容も好評で、特に「エコマーク商品展示コーナー」と「環境問題講演会」は、多くの人でにぎわいました。

グリーンフェスタひろしま’97のもう一つの成果は、環境問題に対する市民の関心を高めることができたことです。フェアでは、環境問題に関するさまざまな展示やイベントが行われ、市民は環境問題について学ぶことができました。また、フェアには多くの環境団体が出展し、市民は環境団体と直接交流することができました。

グリーンフェスタひろしま’97は、環境問題に対する市民の関心を高めることに成功し、大きな成果を上げました。フェアは、市民が環境問題について学ぶことができる場を提供し、市民が環境団体と直接交流する機会を提供しました。フェアは、市民の環境問題に対する意識を高めることに貢献し、市民の環境問題への取り組みを促進しました。

タイトルとURLをコピーしました