アルゼンチン・バックブリーカーの極意を徹底解説!

スポンサーリンク

アルゼンチン・バックブリーカーの極意を徹底解説!

アルゼンチン・バックブリーカーとは。

アルゼンチン・バックブリーカーとは、プロレスの技の一種であり、相手を仰向けの状態で肩に乗せ、背中を反らせながら落とす技です。バックブリーカーの派生技です。

アルゼンチン・バックブリーカーの概要と歴史

アルゼンチン・バックブリーカーの概要と歴史

アルゼンチン・バックブリーカーの概要と歴史

アルゼンチン・バックブリーカーは、プロレスラーに人気のある、強力なバックフリップ・パワーボムです。この技は、レスラーが相手を肩に担ぎ上げ、空気中に反転させて背面に叩きつける技です。アルゼンチン・バックブリーカーは、その華麗さと破壊力から、プロレスのフィニッシュ・ホールドとしてよく使用されています。

アルゼンチン・バックブリーカーの起源は、1950年代のアルゼンチンにさかのぼります。この技は、アルゼンチンのプロレスラー、ロドルフォ・バルデスによって開発されました。バルデスは、この技を「バルデス・バックブリーカー」と名付け、試合で頻繁に使用しました。バルデスは、この技で多くの勝利を収め、アルゼンチン・バックブリーカーはプロレス界で広く知られるようになりました。

1960年代には、アルゼンチン・バックブリーカーはアメリカ合衆国に渡り、プロレス界で人気を博しました。この技は、スタン・ハンセン、ビッグ・ジョン・スタッド、ハルク・ホーガンなど、多くのレスラーによって使用されました。アルゼンチン・バックブリーカーは、プロレスのフィニッシュ・ホールドとして定着し、今日でも多くのレスラーによって使用されています。

アルゼンチン・バックブリーカーの安全性

アルゼンチン・バックブリーカーの安全性

アルゼンチン・バックブリーカーの安全性

アルゼンチン・バックブリーカーは、その性質上、レスラーにとって非常に危険な技である。この技を安全に行うためには、いくつかの注意点がある。

まず、相手をしっかりとつかむこと。相手がしっかりとつかまれていなければ、技をかけようとした際に相手が逃げてしまい、技が失敗するだけでなく、レスラー自身もケガをする可能性がある。

次に、相手の体勢をしっかりと整えること。アルゼンチン・バックブリーカーは、相手を背中から落とす技であるため、相手の体勢が整っていないと、首や背中をケガする可能性がある。

最後に、技をかける際に自分の体をしっかりとコントロールすること。アルゼンチン・バックブリーカーは、相手の体を持ち上げて落とす技であるため、自分の体をしっかりとコントロールしなければ、相手を落とす際に自分の体が崩れてしまい、ケガをする可能性がある。

アルゼンチン・バックブリーカーは、非常に危険な技ではあるが、上記の注意点を守れば、ある程度の安全性を確保することができる。しかし、この技をかける際には、十分な注意を払う必要がある。

アルゼンチン・バックブリーカーの練習方法

アルゼンチン・バックブリーカーの練習方法

アルゼンチン・バックブリーカーは、プロレスの技のひとつで、相手の背中を自分の肩口に乗せ、相手の脚を自分の股の間から通して、そのまま相手を後方に倒して背中から自分の股の間を通り自分の股の間を抜けるようにして放り投げる技のことです。
アルゼンチン・バックブリーカーは、技をかけるためには、まず相手の背後をとって、相手の片腕を自分の胴の正面で、もう片方の腕を自分の背後でクロスするようにしてつかみます。
そして、相手の腰を自分の腰で抱きかかえ、相手を少し持ち上げながら、自分の肩口に乗せます。
次に、相手の片方の脚を自分の股の間から通し、もう片方の脚も自分の股の間から通して、両足を自分の股の間でクロスするようにします。
そして、相手の頭を自分の肩口に当てながら、相手を自分の背中で支え、そのまま相手を後方に倒して背中から自分の股の間を通り自分の股の間を抜けるようにして放り投げます。

アルゼンチン・バックブリーカーは、相手の背中や腰にダメージを与える技で、プロレスラーにとっては、不可欠な技のひとつです。
アルゼンチン・バックブリーカーを練習するには、まず、一人で技のフォームを練習します。
一人での練習では、技をかける感覚をつかむことが大切です。
感覚をつかんだら、パートナーと組んで練習します。
最初は、パートナーが技を受けるのを手伝ってもらいますが、徐々に、パートナーの力を借りずに一人で技をかけられるようにします。
アルゼンチン・バックブリーカーを習得するには、繰り返し練習することが大切です。
また、技をかける際には、相手の安全に十分注意してください。

タイトルとURLをコピーしました