秋田博’86の思い出

スポンサーリンク

秋田博’86の思い出

秋田博’86とは。

秋田博’86は、1986年7月18日から8月24日まで秋田県で開催された博覧会であり、入場者数は38万3953人でした。

秋田博ってどんな博覧会だったの?

秋田博ってどんな博覧会だったの?

秋田博’86とは、1986年(昭和61年)7月19日~10月15日まで秋田県秋田市で開催された地方博覧会である。テーマは「みちのく’86世界環境博」であり、環境問題をテーマとした博覧会であった。

秋田博’86の開催場所は、秋田市中心部から北西に約2キロメートル離れた秋田市新屋船場地区である。この地区は、かつては遊郭街として栄えていたが、1960年代以降は衰退していた。秋田博’86の開催を契機に、この地区は再開発され、秋田県立美術館や秋田県立博物館などの文化施設が建設された。

秋田博’86は、総来場者数約250万人という大盛況であった。博覧会では、環境問題に関する展示やイベントが行われたほか、秋田県の伝統文化や特産品を紹介するパビリオンも出展された。また、博覧会期間中には、様々なコンサートやイベントが開催され、多くの人々が訪れた。

開催された場所と期間

開催された場所と期間

秋田博’86は、「みちのく・秋田 博86」として、1986年(昭和61年)7月20日から8月24日までの36日間にわたり、秋田県秋田市で開催された、地方博覧会である。

会期中の入場者数は、249万7523人と、秋田県の人口の3倍以上の来場者を誇った。入場料は、一般が1,200円、小中学生が600円だった。

博覧会の開催された場所は、秋田市中心部から少し離れた、秋田県立中央公園である。公園内には、秋田県の歴史や文化、産業などを紹介するパビリオンが設けられた。また、公園の周辺には、秋田の物産を販売するテントが立ち並んだ。

博覧会の見どころの一つは、「秋田づくし館」だった。秋田づくし館では、秋田県の郷土料理や工芸品などを展示していた。また、秋田の民謡や踊りも披露された。

もう一つの見どころは、「未来館」だった。未来館では、秋田県の未来について展示していた。また、未来の生活を体験できるアトラクションもあった。

秋田博’86は、秋田県の歴史や文化、産業などを広くアピールすることに成功した。また、秋田県の観光振興にも大きく貢献した。

主要な展示とイベント

主要な展示とイベント

「秋田博’86の思い出」
主要な展示とイベント

秋田博’86は、1986年4月29日から9月2日まで、秋田県潟上市で開催された地方博覧会である。総来場者数は3,000万人を超え、県博覧会としては過去最高の記録を打ち立てた。展示とイベントは過去のアキタの魅力を再発見し、秋田の未来への可能性を探ることを目的とした。

秋田博’86の主要展示は、秋田県の産業と文化を紹介する「秋田産業館」、秋田県の歴史と伝統を紹介する「秋田歴史館」、秋田県の自然を紹介する「秋田自然館」である。また、秋田県の特産品を販売する「秋田物産館」や、秋田県の観光地を紹介する「秋田観光館」も設けられた。

秋田博’86の主要イベントは、秋田県の伝統芸能を披露する「秋田民俗芸能祭」と、秋田県の郷土料理を紹介する「秋田郷土料理まつり」である。また、秋田県の特産品を使った料理を堪能できる「秋田グルメフェア」や、秋田県の観光地を巡る「秋田観光バスツアー」も開催された。

秋田博’86は、秋田県の産業と文化の魅力を国内外に発信し、秋田県の観光振興に大きく貢献した。また、秋田博’86は秋田県民の郷土愛を再認識するきっかけとなり、県民の交流を深める場ともなった。

タイトルとURLをコピーしました