奈良マラソンってどんな大会?

スポンサーリンク

奈良マラソンってどんな大会?

奈良マラソンとは。

奈良マラソンは、2010年に第1回大会が行われたマラソン大会です。奈良県奈良市で開催され、日本陸上競技連盟公認のフルマラソンに加えて、10kmなどの種目もあります。

奈良マラソンの歴史

奈良マラソンの歴史

奈良マラソンの歴史は、1985年に第1回大会が開催されたことに始まります。当時は「奈良県民マラソン大会」という名称で、奈良県内のランナーを対象とした大会でした。その後、1990年に「奈良国際マラソン大会」に名称を変更し、海外からのランナーも参加できるようになりました。1996年には、国際陸連(IAAF)からブロンズラベルロードレースに認定され、世界屈指のマラソン大会の一つとして知られるようになりました。

しかし、2007年に開催された第23回大会を最後に、奈良マラソン大会は休止となりました。その原因は、大会運営費の高騰や、大会開催に伴う交通規制に対する地元住民からの苦情などでした。奈良マラソン大会の休止は、多くのランナーやマラソンファンから残念がられました。

2016年、奈良マラソン大会は「奈良マラソン」として復活しました。復活にあたっては、大会運営費の削減や、交通規制の見直しなど、さまざまな工夫が行われました。また、大会コースも変更され、奈良公園や東大寺など、奈良の観光名所を巡るコースとなりました。

復活した奈良マラソンは、多くのランナーやマラソンファンから好評を得ており、毎年定員を上回る応募があります。奈良マラソンは、奈良県の観光振興にも貢献しており、大会開催期間中は、奈良県内のホテルや旅館が満室になるほどです。

奈良マラソンのコース

奈良マラソンのコース

-奈良マラソンのコース-

奈良マラソンのコースは、奈良公園をスタートし、東大寺、唐招提寺、法隆寺などの世界遺産を巡る42.195kmのコースです。後半はアップダウンが激しく、最後の5kmは上り坂が続きます。奈良マラソンは、世界遺産を巡るコースや、アップダウンの激しいコースなど、特徴的なコースとなっています。

奈良マラソンは、奈良県奈良市で開催されるマラソン大会です。毎年12月の第一日曜日に開催されます。2023年の大会では、約2万人が参加しました。奈良マラソンは、世界遺産を巡るコースや、アップダウンの激しいコースなど、特徴的なコースとなっています。

奈良マラソンのコースは、奈良公園をスタートし、東大寺、唐招提寺、法隆寺などの世界遺産を巡る42.195kmのコースです。前半は比較的平坦なコースですが、後半はアップダウンが激しく、最後の5kmは上り坂が続きます。奈良マラソンは、世界遺産を巡るコースや、アップダウンの激しいコースなど、特徴的なコースとなっています。

奈良マラソンに参加するメリット

奈良マラソンに参加するメリット

奈良マラソンに参加するメリットは数多くあります。まず、奈良マラソンは、世界遺産である奈良公園や東大寺、唐招提寺など、奈良の有名な観光スポットを巡るコースで、奈良の文化や歴史に触れながら走ることができます。また、奈良マラソンは、他のマラソン大会に比べて、比較的参加費が安いのも魅力です。さらに、奈良マラソンは、参加人数がそれほど多くないので、他のマラソン大会のように、混雑を気にせずに走ることができます。また、奈良マラソンは、ボランティアスタッフの数が多く、手厚いサポートを受けながら走ることができるのも魅力です。そして、奈良マラソンは、完走すると、奈良マラソンオリジナルのメダルやTシャツなど、記念品をもらうことができます。

タイトルとURLをコピーしました