水防月間知っておきたいこと

スポンサーリンク

水防月間知っておきたいこと

水防月間とは。

5月1日から1ヶ月間は、水防月間です。この期間中、国土交通省を中心として、国民の生命や財産を守るために、水害を防ぐ啓発活動が行われます。ただし、北海道では6月に実施されます。

水防月間の目的と期間

水防月間の目的と期間

水防月間の目的と期間

水防月間とは、水防に関する知識の普及や水防活動の推進を図るため、毎年6月1日を期日として定められた期間です。期間は、6月1日から6月30日までです。

水防月間は、1947年(昭和22年)に、水防法の施行を受けて制定されました。水防法は、水害から国民の生命と財産を守るために、水防に関する基本方針や水防施設の整備、水防活動の推進などを定めています。

水防月間には、水防に関する様々な行事が行われます。例えば、水防訓練や水防演習、水防に関する講演会やパネルディスカッション、水防に関するポスターやパンフレットの配布などがあります。これらの行事を通して、水防に関する知識の普及や水防活動の推進が図られています。

水防月間は、水害から国民の生命と財産を守るための大切な期間です。水防に関する知識を深め、水防活動に参加することで、水害から自分たちの身を守りましょう。

水防月間に行われる活動

水防月間に行われる活動

水防月間に行われる活動

水防月間には、さまざまな活動が行われます。その主なものを以下に紹介します。

1. 水防訓練水防訓練は、水害が発生した際に迅速かつ適切に対応できるよう、市町村や消防署、自衛隊などが実施する訓練です。訓練では、土嚢の積み方や排水ポンプの操作方法などの基本的な水防技術を身につけます。
2. 水防演習水防演習は、水害が発生した際にどの機関がどのような役割を果たすのかを確認し、連携を図るために実施される訓練です。演習では、実際に水害が発生したことを想定して、関係機関が連携して救助活動や復旧作業を行います。
3. 水防広報活動水防広報活動は、水害に対する国民の意識を高め、水防対策の重要性を伝えるために実施される活動です。広報活動では、水害予防のためのポスターやチラシを配布したり、水防に関する講演会やイベントを開催したりします。
4. 水防施設の点検・整備水防施設の点検・整備は、水害が発生した場合に備えて、堤防や排水機場などの水防施設を点検し、必要に応じて整備を行う活動です。点検・整備では、施設の損傷や老朽化をチェックし、必要に応じて補修や改修を行います。

これらの活動を通じて、水害に対する国民の意識を高め、水防対策の重要性を伝えることで、水害による被害を軽減することが期待されます。

水害から身を守るためにできること

水害から身を守るためにできること

水害から身を守るためにできることはたくさんあります。まず、ハザードマップを確認して、自宅や職場が水害の危険性のある地域にあるかどうかを把握することが大切です。また、避難場所や経路をあらかじめ確認し、家族や友人と避難計画を立てておきましょう。

水害の危険性が高まった場合には、早めの避難が大切です。避難指示が出たら、すぐに避難場所へ向かいましょう。また、浸水が始まった場合には、2階や屋上に避難し、救助を待ちましょう。

水害から身を守るために、日頃から備蓄品を準備しておくことも大切です。備蓄品には、食料、飲み水、医薬品、懐中電灯、ラジオなどを入れておきましょう。また、非常持ち出し袋を用意しておけば、急な避難の際にもすぐに持ち出すことができます。

水害が発生した場合には、冷静に行動することが大切です。パニックにならず、周囲の状況を確認しながら、適切な行動をとりましょう。また、水害に関する情報収集にも努め、最新の情報を把握するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました