新島の大踊:東京都新島の伝統的な盆踊り

スポンサーリンク

新島の大踊:東京都新島の伝統的な盆踊り

新島の大踊とは。

新島の大踊とは、東京都新島村の本村地区と若郷地区に受け継がれている伝統芸能です。毎年8月の盆の時期に踊られます。室町時代から伝えられているとされており、2005年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。

歴史と起源

歴史と起源

歴史と起源

新島の盆踊りの起源は、江戸時代初期に遡ります。新島は、徳川家康の治世下で、伊豆諸島の一部として八丈島に属していました。八丈島では、毎年8月15日を中心に、盆踊りが盛大に行われていました。新島も、八丈島の影響を受けて、盆踊りが行われるようになりました。

新島の盆踊りは、当初は、八丈島の盆踊りを模倣したものでしたが、次第に独自の特色を帯びるようになりました。その特色の一つは、踊り手の衣装です。新島の盆踊りの踊り手は、色鮮やかな着物に身を包み、頭には花笠をかぶります。この衣装は、新島の豊かな自然を象徴しています。

もう一つの特色は、踊りの振り付けです。新島の盆踊りの振り付けは、八丈島の盆踊りの振り付けを基本にしていますが、より簡素化され、踊りやすいようになっています。また、新島の盆踊りは、男女がペアになって踊るのが特徴です。これは、新島の男女の仲睦まじさを象徴しています。

新島の盆踊りは、江戸時代後期に、大いに盛んになりました。しかし、明治時代に入ると、廃仏毀釈運動の影響を受けて、衰退しました。しかし、大正時代になると、新島の盆踊りは復活し、今日まで伝承されています。

踊りの特徴と種類

踊りの特徴と種類

-新島の大踊踊りの特徴と種類-

新島の大踊は、東京都新島の伝統的な盆踊りです。毎年8月13日から16日の4日間、新島全島をあげて盛大に催されます。踊りの特徴は、島全体が一つのステージとなり、島民全員が参加することです。また、新島大踊は「踊り念仏」として知られており、踊りと念仏を組み合わせた独特の踊りです。

新島の大踊には、大きく分けて3種類の種類があります。1つ目は、「総踊り」です。総踊りは、島民全員が参加する踊りで、新島大踊のメインイベントです。2つ目は、「踊り念仏」です。踊り念仏は、念仏を唱えながら踊る踊りで、新島大踊の起源と言われています。3つ目は、「奴踊り」です。奴踊りは、奴の衣装を着て踊る踊りで、新島大踊の華やかな踊りです。

新島大踊は、新島の伝統文化を色濃く反映した踊りです。踊りを通じて、島民の絆が深まり、島全体が一体となります。また、新島大踊は、観光客にも人気のイベントで、毎年多くの観光客が新島を訪れます。

国の重要無形民俗文化財に指定

国の重要無形民俗文化財に指定

新島の大踊は、東京都新島で開催される伝統的な盆踊りです。1976年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。踊りは盆の8月13日から15日の3日間、新島の中心部にある広場で行われます。

踊り手は、男性は浴衣に編み笠、女性は浴衣に菅笠を被り、手ぬぐいを肩からかけます。踊りの曲は、三味線、太鼓、笛などの伝統的な楽器に合わせて演奏されます。踊りは、男性と女性が輪になって踊り、中央に置かれたやぐらの上で太鼓を叩く人が踊りのリズムをとります。踊りは、盆の期間中、毎晩行われ、新島を訪れる観光客にも人気があります。

タイトルとURLをコピーしました