のんしこら→ 熊本県玉名郡長洲町の祝唄

スポンサーリンク

のんしこら→ 熊本県玉名郡長洲町の祝唄

のんしこらとは。

熊本県玉名郡長洲町に伝わる民謡が「のんしこら」で、花嫁行列で歌われるお祝いの唄です。

のんしこらの歴史と起源

のんしこらの歴史と起源

-のんしこらの歴史と起源-

「のんしこら」は熊本県玉名郡長洲町の祝唄である。淵源は古く、長洲町を含む旧菊池郡一帯に伝わる田植え歌の一つという説が有力である。

「のんしこら」の歌詞は、田植えの情景を歌ったものが多く、田植えの作業に合わせて歌われる。また、「のんしこら」は、田植えの際に豊作を祈願して歌われる唄でもある。

「のんしこら」は、長洲町だけでなく、熊本県内各地で歌われている。しかし、長洲町での「のんしこら」は、他の地域の歌い方とは異なり、独自の節回しで歌われている。この長洲町独自の「のんしこら」は、「長洲のんしこら」と呼ばれ、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

「長洲のんしこら」は、毎年8月16日に長洲町で行われる「長洲のんしこら祭」で披露される。この祭りは、「長洲のんしこら」を保存・継承することを目的として、1974年から開催されている。

「長洲のんしこら」は、長洲町の貴重な文化遺産である。この唄を保存・継承していくことは、長洲町の歴史や文化を伝えるために重要なことである。

のんしこらの歌詞と意味

のんしこらの歌詞と意味

-のんしこらの歌詞と意味-

のんしこらとは、熊本県玉名郡長洲町に伝わる祝唄のことです。もともとは田植え歌だったといわれていますが、現在では地区の盆踊りや子供会の祭りなどで踊られています。

歌詞は全部で3番あり、それぞれに意味があります。

-1番-
のんしこら のんしこら
田んぼの稲穂 いい作柄
お嫁さんの 帯締めて
田んぼの土手 のんびりあるけ

1番の歌詞は、田んぼの稲穂が豊作であることを祝い、お嫁さんが帯を締めて田んぼの土手をのんびり歩いている様子を描いています。

-2番-
のんしこら のんしこら
山の木々よ 青々と
山の木々よ 鬱蒼と
年より衆よ 長生きして

2番の歌詞は、山の木々が青々と茂り、鬱蒼としている様子を祝い、年寄りが長生きすることを願っています。

-3番-
のんしこら のんしこら
田舎の梅は 咲いたかや
田舎の梅は 咲いたかや
年若い衆よ 芸をつとめよ

3番の歌詞は、田舎の梅が咲いたことを祝い、若い人が芸を磨くことを願っています。

のんしこらは、長洲町の大切な伝統芸能です。歌詞の意味を知れば、より一層この唄を楽しむことができるでしょう。

のんしこらが歌われる場面

のんしこらが歌われる場面

のんしこらが歌われる場面

のんしこらは、熊本県玉名郡長洲町の祝唄として、昔から歌い継がれてきました。その歌詞は、長洲町の生活や文化を反映したもので、農作業や漁業、祭りなど、様々な場面で歌われています。

特に、長洲町の代表的な祭りである「長洲のんしこら祭り」では、のんしこらが盛大に歌われます。この祭りは、毎年8月15日の夜に開催され、町内外から多くの人が集まります。祭りでは、のんしこらコンテストも行われ、地元の合唱団や太鼓チームが競い合います。

また、のんしこらは、長洲町の町おこしイベントなどでも歌われています。例えば、毎年11月に開催される「長洲町産業祭」では、のんしこらが町民合唱団によって披露されます。また、長洲町出身の歌手が、のんしこらを全国各地で歌っています。

のんしこらは、長洲町の大切な文化遺産であり、町民に親しまれています。今後も、この伝統芸能が歌い継がれていくことを願っています。

タイトルとURLをコピーしました