「めんの日」!めん類の魅力を味わおう

スポンサーリンク

「めんの日」!めん類の魅力を味わおう

めんの日とは。

「めんの日」とは、11月11日と毎月11日のことです。この記念日は、全国製麺協同組合連合会によって制定され、めん類をPRすることを目的としています。細長いめんを数字の「11」に見立てたことが由来となっています。

「めんの日」ってどんな日?

「めんの日」ってどんな日?

「めんの日」は、毎年12月14日です。この日の由来は、インスタントラーメンの生みの親である安藤百福氏が1958年8月25日にチキンラーメンを発売したことによるものです。インスタントラーメンは、その手軽さとおいしさで瞬く間に人気となり、今では世界中で親しまれています。

そこで、12月14日は「めんの日」とされ、めん類の魅力を広くアピールすることを目的としています。この日には、めん類に関するイベントやキャンペーンが全国各地で開催されます。また、めん類を食べることで、そのおいしさと魅力を再確認する人も多いようです。

全国各地の麺料理をご紹介!

全国各地の麺料理をご紹介!

全国各地にはさまざまな麺料理があり、その土地ならではの特色があります。例えば、北海道では、小麦粉をこねて伸ばした麺をだし汁で煮た「ラーメン」が人気です。ラーメンは、トッピングの具材やスープの味が地域によって異なります。

東北地方では、小麦粉とそば粉を混ぜて作った麺をゆでて、冷たいだし汁につけて食べる「そば」が好まれています。そばは、薬味としてネギやわさびを添えて食べます。

関東地方では、小麦粉をこねて伸ばした麺をゆでて、しょうゆベースのだし汁につけて食べる「うどん」が人気です。うどんは、トッピングの具材として、天ぷらやちくわ、わかめなどがよく使われます。

中部地方では、小麦粉をこねて伸ばした麺をゆでて、みそベースのだし汁につけて食べる「きしめん」が有名です。きしめんは、幅広で平たい麺が特徴です。

近畿地方では、小麦粉と卵を混ぜて作った麺をゆでて、しょうゆベースのだし汁につけて食べる「そば」が好まれています。そばは、トッピングの具材として、卵やわかめ、油揚げなどがよく使われます。

中国地方では、小麦粉をこねて伸ばした麺をゆでて、しょうゆベースのだし汁につけて食べる「ラーメン」が人気です。ラーメンは、トッピングの具材として、チャーシューやメンマ、のりなどがよく使われます。

四国地方では、小麦粉をこねて伸ばした麺をゆでて、しょうゆベースのだし汁につけて食べる「うどん」が好まれています。うどんは、トッピングの具材として、天ぷらやちくわ、わかめなどがよく使われます。

九州地方では、小麦粉をこねて伸ばした麺をゆでて、とんこつベースのだし汁につけて食べる「ラーメン」が人気です。ラーメンは、トッピングの具材として、チャーシューやメンマ、のりなどがよく使われます。

麺類の栄養価は?

麺類の栄養価は?

-麺類の栄養価は?-

麺類の栄養価は、麺の種類によって異なります。

小麦粉から作られた麺類は、炭水化物を多く含んでいます。炭水化物は、体のエネルギー源となる栄養素です。また、小麦粉には、タンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどの栄養素も含まれています。

そば粉から作られた麺類は、小麦粉から作られた麺類よりも、タンパク質とビタミンB2を多く含んでいます。また、そば粉には、ルチンというポリフェノールが含まれています。ルチンには、抗酸化作用があり、体のサビを防ぐ効果があると言われています。

ラーメンの麺は、小麦粉とかん水で作られています。かん水には、炭酸ナトリウムと炭酸カリウムが含まれています。炭酸ナトリウムと炭酸カリウムは、麺にコシを与え、黄色い色を付けます。

うどんの麺は、小麦粉と塩で作られています。うどんの麺は、ラーメンの麺よりもコシが強く、つるっとした食感があります。

そうめんの麺は、小麦粉と塩で作られています。そうめんの麺は、うどんの麺よりも細く、夏に冷やして食べるのが一般的です。

タイトルとURLをコピーしました