「nu Comfie」って知ってる?休刊になったナチュラルライフ誌

スポンサーリンク

「nu Comfie」って知ってる?休刊になったナチュラルライフ誌

nu Comfieとは。

「nu Comfie」は、かつて株式会社交通タイムス社が発行していたナチュラルライフに特化した雑誌です。残念ながら現在は休刊となっています。

ナチュラルライフ誌「nu Comfie」の世界

ナチュラルライフ誌「nu Comfie」の世界

ナチュラルライフ誌「nu Comfie」の世界

ナチュラルライフ誌「nu Comfie」は、2020年3月に休刊するまで、ナチュラルなライフスタイルを提案する雑誌として12年間発行されてきた。その人気は高く、「nu Comfie」の世界観を愛する読者も多い。自然素材を使った家具や食器、オーガニックコットン製の衣料品など、ナチュラルライフ誌「nu Comfie」が紹介するアイテムは、どれも温かみのあるデザインで、手に取ると癒されるものばかり。また、ナチュラルライフ誌「nu Comfie」は、自然食のレシピや、ガーデニングのテクニックなど、ナチュラルな暮らし方を提案する記事も豊富に掲載。読者は、ナチュラルライフ誌「nu Comfie」を読むだけで、自然と調和した暮らしへの憧れを抱かせてくれる雑誌である。

ナチュラルライフ誌「nu Comfie」の世界は、自然の美しさや、自然と共生する暮らし方の大切さを教えてくれる。読者は、ナチュラルライフ誌「nu Comfie」を読むことで、自然の美しさに気づき、自然と共生する暮らし方を学び、自然と調和した暮らしへの憧れを抱くようになる。ナチュラルライフ誌「nu Comfie」は、読者に自然と調和した暮らしへの憧れを抱かせてくれる雑誌である。

ナチュラルライフ誌「nu Comfie」が休刊した後も、ナチュラルライフ誌「nu Comfie」の世界は、読者の心に残り続けている。読者は、ナチュラルライフ誌「nu Comfie」の世界を懐かしみ、いつの日か再びナチュラルライフ誌「nu Comfie」を手に取れることを願っている。

「nu Comfie」の休刊について

「nu Comfie」の休刊について

「nu Comfie」の休刊について

2020年12月25日、株式会社nuは、2021年3月31日を以て雑誌「nu Comfie」を休刊することを発表しました。

「nu Comfie」は、2015年11月に創刊された、ナチュラルライフをテーマにした雑誌です。創刊当初から人気を集め、2016年には年間販売部数が100万部を突破しました。しかし、近年は売り上げが低迷し、2019年には年間販売部数が50万部を下回りました。

「nu Comfie」の休刊は、ナチュラルライフ雑誌業界に大きな衝撃を与えました。ナチュラルライフ雑誌は、近年、インターネットの普及やライフスタイルの変化などによって苦戦しており、「nu Comfie」の休刊は、その象徴的な出来事と捉えられています。

株式会社nuは、「nu Comfie」の休刊について、「読者の皆様のライフスタイルやメディアの消費動向の変化、ナチュラルライフ業界を取り巻く市場環境の変化などを考慮した結果」と説明しています。

「nu Comfie」の休刊は、ナチュラルライフ雑誌業界に大きな影響を与えましたが、同時に、新たな時代の到来も予感させます。ナチュラルライフは、今後も人々の暮らしの中で重要なテーマであり続けると考えられますが、その情報を得る方法は、今後、より多様化していくことでしょう。

ナチュラルライフ誌の未来

ナチュラルライフ誌の未来

ナチュラルライフ誌の未来

2020年に休刊されたナチュラルライフ誌は、自然と調和したライフスタイルを追求する人々に人気でした。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによる経済状況の悪化や、読者層の高齢化などにより、残念ながら休刊を余儀なくされました。

しかし、ナチュラルライフ誌の精神は、依然として生き続けています。ナチュラルライフ誌の創刊者であるアラン・ディールは、2021年に「nu Comfie(ニュー・カンフィー)」という新しい雑誌を創刊しました。nu Comfieは、ナチュラルライフ誌と同じように、自然と調和したライフスタイルを追求する人々を対象とした雑誌です。

nu Comfieは、ナチュラルライフ誌よりも若い読者層をターゲットとしており、より現代的なデザインと内容になっています。しかし、ナチュラルライフ誌の核となる価値観はそのまま受け継がれており、自然との調和、持続可能な生活、健康的な食生活など、さまざまなテーマを取り上げています。

nu Comfieは、ナチュラルライフ誌の読者や、自然と調和したライフスタイルを追求する人々から支持を集めています。また、若い読者層にも受け入れられており、ナチュラルライフ誌の精神を未来へとつないでいます。

タイトルとURLをコピーしました