アプトの妖精プルル

スポンサーリンク

アプトの妖精プルル

プルルとは。

プルルは大井川鐵道株式会社のキャラクターです。2009年、井川線営業開始50周年記念に登場しました。井川線は「南アルプスあぷとライン」として親しまれ、そのアプトの妖精をモチーフにした女の子です。ペアとなるキャラクターはアルルです。

アプトの妖精プルルの誕生

アプトの妖精プルルの誕生

アプトの妖精プルルの誕生

アプトの妖精プルルの誕生は、小海線の開業に大きく関係しています。小海線は、1928年(昭和3年)に開業した、長野県小諸市と岡谷市を結ぶ鉄道路線です。小海線は、山岳地帯を走る路線で、急勾配や急カーブが連続しています。

当時の蒸気機関車は、急勾配や急カーブを走行することが困難でした。そのため、小海線の建設にあたっては、電気機関車が導入されました。しかし、電気機関車は高価だったため、小海線は単線で建設されました。

単線の路線では、列車が行き違うために交換駅が必要になります。交換駅は、列車が行き違うことができるように、2本の線路が必要になります。しかし、小海線は山岳地帯を走る路線のため、交換駅を設置することが困難でした。

そこで、小海線の建設にあたっては、アプト式を採用することにしました。アプト式とは、列車をケーブルで牽引して急勾配を走行させる方式です。アプト式は、急勾配を走行することができるため、交換駅を設置する必要がありません。

アプト式を採用した小海線は、1928年(昭和3年)に開業しました。開業当初、小海線は観光路線として人気を集めました。しかし、1960年代になると、モータリゼーションの進展によって、小海線の利用客が減少しました。

利用客の減少に伴って、小海線は廃止の危機に瀕しました。しかし、地元住民や鉄道ファンなどの努力によって、小海線は廃止を免れました。1985年(昭和60年)には、小海線が国鉄から第三セクターに移管されました。

現在は、小海線は観光路線として人気を集めています。アプトの妖精プルルも、小海線の観光大使として活躍しています。

プルルの性格や特徴

プルルの性格や特徴

プルルは、アプトの世界で暮らす妖精です。とても好奇心旺盛で、冒険好きで、新しいことに挑戦するのが大好きです。しかし、いたずら好きで、よくトラブルを起こすこともあります。また、とてもおしゃべりです。いつも何かを話していて、周りの人を笑顔にします。

プルルは、アプトの仲間たちからとても愛されています。いつもみんなを笑顔にしてくれる、かけがえのない存在です。また、とても勇敢で、どんな困難にも立ち向かいます。仲間が困っているときは、いつも助けてくれます。

プルルは、アプトの世界に欠かせない存在です。いつもみんなを笑顔にし、仲間たちを助けます。また、とても勇敢で、どんな困難にも立ち向かいます。プルルがいることで、アプトの世界はより楽しく、より平和な場所になっています。

プルルの活躍

プルルの活躍

プルルの活躍

 アプトの妖精プルルの活躍は、アプト・ディンクラング登山鉄道の運行を支える重要な役割を果たしています。プルルは、アプト式登山鉄道の機関車に連結された二人乗り動力車で、機関車が行けなかった急勾配の区間を、客車を引っ張りながら登るというユニークな役割を担っています。

 アプト式の登山鉄道とは、スイスの技師アプトが発明した登山鉄道方式で、急勾配を克服するために、機関車と客車を別々にし、機関車を客車の後ろに連結して、客車を機関車が行けなかった区間を押し上げるという仕組みになっています。プルルは、このアプト式登山鉄道の機関車が客車を押し上げるのを補助する役割を果たしています。

 プルルは、アプト・ディンクラング登山鉄道の開業以来、長年にわたって活躍を続けており、その活躍は多くの観光客から親しまれています。プルルの活躍は、アプト・ディンクラング登山鉄道が、安全かつ快適な運行を維持する上で不可欠なものとなっています。

タイトルとURLをコピーしました