「イフワーン・アッサファー」の秘密

スポンサーリンク

「イフワーン・アッサファー」の秘密

イフワーン・アッサファーとは。

イフワーン・アッサファーとは、10世紀頃にイラクで結成されたイスラム教シーア派の宗教学者と哲学者による秘密結社です。アラビア語で「純粋な兄弟たち」を意味し、その名の通り、清廉で純潔な行いを目指していました。彼らは、論文集「ラサーイル・イフワーン・アッサファー」を残し、中世のイスラム思想に大きな影響を与えました。また、この結社は「純潔兄弟団」とも呼ばれることがあります。

「イフワーン・アッサファー」の概要

「イフワーン・アッサファー」の概要

「イフワーン・アッサファー」は、18世紀にアラブ世界で執筆された「イフワーン・アッサファー」として知られる作品群です。この作品群は、寓意と寓話の形で人間の知恵と美徳について語られた、52の物語から構成されています。これらの物語は、12人の兄弟とそのメンターであるアッサファーによって語られ、信仰、倫理、科学、政治など、さまざまなトピックを扱っています。

「イフワーン・アッサファー」は、アラブ世界の文学において重要な作品とされており、その影響は現代に至るまで続いています。この作品群は、イスラム教徒とキリスト教徒の両方から称賛されており、アラブ世界における啓蒙運動の重要な触媒となったとされています。

「イフワーン・アッサファー」の著者は不詳であり、その執筆年代も正確にはわかっていません。しかし、この作品群が18世紀初頭に書かれた可能性が高いと考えられています。「イフワーン・アッサファー」は、アラビア語で書かれ、その後、トルコ語、ペルシア語、ウルドゥー語など、さまざまな言語に翻訳されました。

「ラサーイル・イフワーン・アッサファー」について

「ラサーイル・イフワーン・アッサファー」について

「ラサーイル・イフワーン・アッサファー」は、18世紀にオスマン帝国のダマスカスで書かれた、神秘主義的な書簡集です。著者は不明ですが、この書簡集は、様々なテーマについて、神秘主義的な教えを説いています。

この書簡集は、100通の手紙からなり、それぞれの手紙は、異なるテーマについて書かれています。例えば、ある手紙は、神の唯一性について、また別の手紙は、魂の永遠性について書かれています。この書簡集は、イスラム教の神秘主義の重要なテキストとされており、多くのイスラム教徒に読まれています。

「ラサーイル・イフワーン・アッサファー」は、イスラム教の神秘主義の思想を理解する上で、重要な文献です。この書簡集は、神秘主義的な教えを、わかりやすい言葉で解説しており、イスラム教の神秘主義を学ぶための、入門書として最適です。

「イフワーン・アッサファー」の思想と影響

「イフワーン・アッサファー」の思想と影響

「イフワーン・アッサファー」の思想と影響

「イフワーン・アッサファー」は、19世紀初頭に聖者アフマド・イブラヒム・ベン・サラーマが創設したスーフィー教団であり、思想はイスラム教の神秘主義、スーフィズムに基づいています。彼らの教えの中心は、唯一神アッラーへの愛と、イスラム教の教えに従うことによって神に近づくことができるという信念です。また、彼らは聖者や霊的指導者に対して強い敬意を払っており、彼らの指導に従うことを勧めています。

「イフワーン・アッサファー」の影響は、エジプトの政治や社会に大きな影響を与えてきました。彼らは、エジプトの近代化と改革を支持し、エジプトの独立運動を支援してきました。また、彼らはイスラム教の教えを人々に広めるために、学校やモスクを建設しました。

「イフワーン・アッサファー」は現在もエジプトで活動しており、約200万人の信者がいるとされています。彼らは、政治や社会の問題に対して積極的な姿勢をとっており、世間の注目を集めています。

「イフワーン・アッサファー」の思想を特徴付けるもう一つの重要な側面は、団結と相互援助の精神です。彼らは、メンバー同士が互いに助け合い、社会に貢献することを奨励しています。この精神は、彼らの慈善活動や社会福祉活動にも反映されています。

「イフワーン・アッサファー」の思想は、エジプトに限らず、他のイスラム諸国にも影響を与えてきました。彼らの教えは、イスラム教の復興運動の中で重要な役割を果たしており、多くのイスラム教徒の共感を集めています。

タイトルとURLをコピーしました