モッさんの終焉と新しい仲間

スポンサーリンク

モッさんの終焉と新しい仲間

モッさんとは。

モスバーガーのキャラクター、「モッさん」は、2009年に登場しました。しかし、同社の創業50周年を機に、2022年に新キャラクターに変更されました。

モスバーガーを代表するキャラクター「モッさん」のこれまでとこれから

モスバーガーを代表するキャラクター「モッさん」のこれまでとこれから

モッさん、という愛称で親しまれるキャラクターは、モスバーガーの創業者、櫻田慧氏をモチーフに、1982年に誕生しました。以来、モッさんは30年以上という長きにわたり、モスバーガーのシンボルとして親しまれてきました。

モッさんは、モスバーガーの看板やポスター、テレビCMなどに登場し、モスバーガーの美味しさをアピールしてきました。また、モスバーガーのイベントにも数多く登場し、子どもたちを中心に絶大な人気を集めました。

しかし、時代は流れ、モッさんを取り巻く環境も変化してきました。近年では、モッさんのキャラクターが古臭いという意見も聞かれるようになり、モスバーガーは、2021年にモッさんとの契約を終了することを発表しました。

モッさんの契約終了は、モスバーガーにとって大きな転換点となりました。モスバーガーは、モッさんに代わる新しいキャラクターを募集し、2022年に、新キャラクター「モッくん」を発表しました。

モッくんは、モッさんの甥っ子という設定で、モッさんより若々しく、現代的なキャラクターです。モッくんは、モスバーガーの看板やポスター、テレビCMなどに登場し、モッさんの後を継いで、モスバーガーの美味しさをアピールしています。

「モッさん」デザインが定まるまでの背景

「モッさん」デザインが定まるまでの背景

「モッさん」デザインが定まるまでの背景

モッさんは、初めてデザインが定まったキャラクターではない。1970年代には、「モッくん」というキャラクターが考案されていた。モッくんは、丸い顔に大きな丸メガネ、頭にボサボサの髪が生えているという特徴を持ったキャラクターだった。モッくんは、当時の人気テレビ番組「モグモグワイドショー」に出演していたタレント、モックンにちなんで名付けられた。モッくんは、モグモグワイドショーの中で、司会者とトークをしたり、コントをしたりするなどして活躍していた。しかし、モッくんは、1980年に番組が終了したと同時に、姿を消してしまった。

モッくんが姿を消した後、新たなキャラクターのデザインが検討された。その結果、1981年に「モッさん」というキャラクターが誕生した。モッさんは、モッくんのデザインを踏襲しつつも、よりシンプルでわかりやすいデザインとなった。モッさんは、丸い顔に大きな丸メガネ、頭にボサボサの髪が生えているという特徴をそのままに、身体は細くなり、手足が長くなった。また、モッさんの顔には、笑顔が追加された。モッさんは、モグモグワイドショーの後継番組である「モモモのワイドショー」に出演し、司会者とトークをしたり、コントをしたりするなどして活躍した。モッさんは、モモモのワイドショーが終了したあとも、さまざまなテレビ番組やイベントに出演し続けている。

「モッさん」に代わる新たなキャラクターのデザイン

「モッさん」に代わる新たなキャラクターのデザイン

「モッさん」に代わる新たなキャラクターのデザイン

モッさんの終焉とともに、新しい仲間が誕生しました。その新しい仲間のデザインは、モッさんを彷彿とさせるものですが、より現代的なテイストを加え、より魅力的なキャラクターとなっています。

新しいキャラクターは、モッさんと同じくクマですが、よりスリムな体型で、大きな目と長い毛並みを持っています。また、モッさんよりも明るい色を使用しており、より親しみやすい印象を与えます。

新しいキャラクターは、モッさんのようにさまざまな表情を見せ、幅広い年齢層に受け入れられるデザインとなっています。また、モッさんよりも動きやすく、よりアクティブなキャラクターとなっています。

新しいキャラクターは、今後、モッさんの後継として、さまざまなメディアに登場する予定です。その活躍に期待しましょう。

タイトルとURLをコピーしました