「三合会」の歴史と構造

スポンサーリンク

「三合会」の歴史と構造

三合会とは。

三合会は、中国の清の時代の秘密結社である天地会の別名、もしくは派閥のことです。

「三合会」の組織と運営

「三合会」の組織と運営

「三合会」の組織と運営

「三合会」は、非常に複雑な組織であり、その構造は時代や地域によって変化してきた。しかし、基本的には、三合会は秘密結社であり、入会者は厳しい儀式を経て組織の一員となる。組織の構成員は、多くの場合、同じ出身地や職業、宗教で結ばれている。

三合会は、通常、トップリーダーである「龍頭」が組織を率い、その下に「副龍頭」「軍師」「執法」などの幹部が配置される。幹部は、組織の運営や活動計画を立案し、決定する。組織のメンバーは、幹部の指示に従って活動する。

三合会の活動は、主に賭博、麻薬取引、武器密売などの犯罪行為である。これらの活動を通じて、三合会は莫大な利益を上げている。三合会は、これらの利益の一部を組織の運営費として使用し、残りの利益は組織の幹部や構成員に分配される。

三合会は、中国国内だけでなく、世界各地に支部を持っている。中国政府は、三合会を犯罪組織として認定しており、三合会の活動を禁止している。しかし、三合会は依然として中国国内で活動しており、その勢力は拡大している。

「三合会」の活動と影響

「三合会」の活動と影響

「三合会」の活動と影響

「三合会」は、清朝末期に誕生した秘密結社であり、その後、中国本土や香港、マカオ、台湾、東南アジアなど、世界中に広がっていきました。その活動は多岐にわたっており、犯罪行為や政治活動、慈善活動まで、さまざまな分野に及んでいます。

「三合会」の犯罪行為としては、麻薬密売、人身売買、武器密売、恐喝、詐欺などがあります。これらの犯罪行為は、多くの場合、暴力団組織とのつながりがあると考えられています。また、「三合会」は政治活動にも積極的に関与しており、香港や台湾のデモや選挙に介入することがあります。

一方で、「三合会」は慈善活動にも取り組んでいます。炊き出しや医療支援、教育支援など、さまざまな分野で支援を行っています。これらの慈善活動は、地域社会とのつながりを強め、組織の支持基盤を広げることを目的としています。

「三合会」は、中国本土や香港、マカオ、台湾、東南アジアなど、世界中に広がっている犯罪組織であり、その活動は多岐にわたっています。犯罪行為や政治活動、慈善活動まで、さまざまな分野に及んでいます。その影響力は大きく、地域社会や政治に大きな影響を与えています。

タイトルとURLをコピーしました