「黄金の夜明け団」の研究

スポンサーリンク

「黄金の夜明け団」の研究

黄金の夜明け団とは。

黄金の夜明け団は、1888年、ウェストコット、メーザーズ、ウッドマンという3人の男性が中心となって創設されたオカルト宗教結社です。主たる活動内容は、カバラを中心とする西洋の秘儀を重視したものです。詩人のイェーツもメンバーでした。この団体は「黄金の暁教団」や「ゴールデン・ドーン」とも呼ばれています。

「黄金の夜明け団」とは何か?

「黄金の夜明け団」とは何か?

「黄金の夜明け団」とは何か?

「黄金の夜明け団」とは、1888年にイギリスで結成された神秘主義結社である。ウィリアム・ロバート・ウッドマン、ウィリアム・ウィン・ウェストコット、サミュエル・リドル・マクレガー・マサース、アーサー・エドワード・ウェイトなど、当時の著名な魔術師や神秘主義者がメンバーとして名を連ねていた。

「黄金の夜明け団」は、古代エジプトの秘教やカバラ、タロット、錬金術、占星術など、さまざまな神秘主義的な教えを研究する団体であった。また、メンバーたちは儀式や魔術の実践も行っていた。

「黄金の夜明け団」は、20世紀初頭に解散したが、その教えは他の神秘主義結社や魔術師たちに受け継がれ、現代でも大きな影響力を与え続けている。

「黄金の夜明け団」の歴史

「黄金の夜明け団」の歴史

「黄金の夜明け団」の歴史

「黄金の夜明け団」は、19世紀後半にイギリスで結成された秘密結社です。その歴史は、1888年にロンドンで、ウィリアム・ロバート・ウッドマン、ウィリアム・ウィン・ウェストコット、サミュエル・リドル・マクレガー・マシアーズという3人のフリーメイソンが、「ヘルメス主義の黄金の夜明け団」を結成したことに始まります。

「黄金の夜明け団」は、西洋の神秘主義や魔法の伝統を研究することを目的としていました。団員には、アーサー・エドワード・ウェイト、アレISTER・クロウリー、ウィリアム・バトラー・イェイツなど、多くの著名人が含まれていました。

「黄金の夜明け団」は、1900年に解散しましたが、その影響はその後も続き、現代の魔法やオカルトの伝統に大きな影響を与えています。

「黄金の夜明け団」の思想

「黄金の夜明け団」の思想

「黄金の夜明け団」の思想

「黄金の夜明け団」は、1888年にロンドンで設立された秘密結社であり、神秘主義、魔術、カバラ、錬金術など、様々な分野の知識を研究していました。団の思想は、これらの分野を総合し、精神的な進化と啓蒙を目的としていました。

「黄金の夜明け団」の思想の中心には、神と宇宙と人間の関係に対する神秘主義的な見方がありました。団員たちは、宇宙は神によって創造されたものであり、神は宇宙のすべての存在の源であると考えていました。また、人間は神から創造された存在であり、神と一体になることを目指すべきであると考えていました。

「黄金の夜明け団」の思想は、魔術にも大きな影響を受けていました。団員たちは、魔術は自然界の力を操作するための手段であり、精神的な進化を促進するために使用できると考えていました。また、魔術は、神と人間の間のコミュニケーションを可能にする手段であるとも考えていました。

「黄金の夜明け団」の思想は、カバラにも大きな影響を受けていました。カバラは、ユダヤ教の神秘主義であり、トーラーやその他のユダヤ教の聖典を神秘的に解釈することを目的としていました。「黄金の夜明け団」の団員たちは、カバラは神と宇宙の秘密を解き明かす鍵であると考えており、カバラを研究することで、精神的な進化を促進できると考えていました。

「黄金の夜明け団」の思想は、錬金術にも大きな影響を受けていました。錬金術は、金属を金に変換することを目的とした化学の一種であり、神秘的な意味合いも持っていました。「黄金の夜明け団」の団員たちは、錬金術は物質的な世界と精神的な世界の統合を目的としたものであると考えており、錬金術を研究することで、精神的な進化を促進できると考えていました。

タイトルとURLをコピーしました