日本赤軍の暴力的歴史とその後

スポンサーリンク

日本赤軍の暴力的歴史とその後

日本赤軍とは。

日本赤軍は1972年に設立された国際的なテロ組織です。元々は日本共産党の過激派組織「共産主義者同盟赤軍派」のメンバーであった重信房子らが、1971年にレバノンで「アラブ赤軍」を結成したのが始まりです。

1972年に起きた「あさま山荘事件」をきっかけに、「共産主義者同盟赤軍派」と決別し、「日本赤軍」に改称しました。その後、日本赤軍はパレスチナで武装解放闘争を展開しました。1972年にはテルアビブ空港乱射事件を起こし、1973年にはドバイの日航機をハイジャックしました。1977年にはダッカの日航機をハイジャックして乗客を人質に取りましたが、日本の警察と自衛隊により人質は救出され、日本赤軍のメンバーは逮捕されました。

1990年代に入ると、日本赤軍のメンバーの逮捕が相次ぎました。2000年には最高幹部の重信が大阪で逮捕されました。2001年に日本赤軍は解散を宣言しました。

日本赤軍は1999年から2001年まで、アメリカの外国テロ組織に指定されていました。

日本赤軍の形成と初期の活動

日本赤軍の形成と初期の活動

日本赤軍の形成と初期の活動

日本赤軍は、1960年代後半に学生運動から派生した日本の過激派テロ組織である。その起源は、「赤軍派」とも呼ばれる「日本共産党革命左派」に遡る。赤軍派は、1969年に「国際反帝統一戦線」を結成し、世界の革命運動と連帯することを目指した。

赤軍派は、1970年に「世界同時革命を目指す国際戦士の会」を結成し、日本を拠点として海外でテロ活動を行うようになった。その活動は、1971年の「ヨルダン内戦」への介入から始まり、1972年の「テルアビブ空港乱射事件」、1973年の「在スウェーデン日本大使館占拠事件」など、世界各地で多くのテロ事件を引き起こした。

赤軍派は、1974年に「日本赤軍」と改称し、より過激なテロ路線を歩み始めた。その活動は、1975年の「マレーシア・クアラルンプール空港襲撃事件」、1977年の「ダッカ日航機ハイジャック事件」、1988年の「韓国ソウルオリンピック爆破未遂事件」など、世界を震撼させるテロ事件を次々と引き起こした。

日本赤軍は、1990年代以降、活動を縮小し、現在ではほとんど活動していないと考えられている。しかし、その残党は、現在も潜伏しているとみられており、国際社会の大きな脅威となっている。

日本赤軍による主なテロ事件

日本赤軍による主なテロ事件

日本赤軍による主なテロ事件

日本赤軍は、1960 年代に結成された日本の過激派組織である。その目的は、日本と世界から帝国主義と資本主義を打倒することだった。日本赤軍は、その目的を達成するために、さまざまなテロ事件を起こした。

日本赤軍による主なテロ事件の一つは、1972 年のテルアビブ空港乱射事件である。この事件は、日本赤軍のメンバーがテルアビブ空港で銃を乱射し、26 人を死亡させた。日本赤軍はまた、1973 年の日本大使館占拠事件を起こした。この事件は、日本赤軍のメンバーがクアラルンプールの日本大使館を占拠し、5 人を人質に取った。

日本赤軍は、1977 年のダッカ日航機ハイジャック事件を起こした。この事件は、日本赤軍のメンバーがダッカ空港で日航機をハイジャックし、122 人を人質に取った。日本赤軍は、ハイジャックされた日航機をドバイ、カラチ、トリポリなどに移動させ、人質を解放するために日本政府にさまざまな要求を突きつけた。日本政府は、日本赤軍の要求を拒否し、ハイジャックされた日航機は 6 日後にストーム作戦により自衛隊に突入されて制圧された。

日本赤軍は、1988 年にレバノンで壊滅した。しかし、日本赤軍のメンバーの一部は今もなお逃亡を続けている。日本赤軍は、その暴力的な歴史のために、世界中で非難されている。

日本赤軍の終焉とメンバーの逮捕

日本赤軍の終焉とメンバーの逮捕

日本赤軍の終焉とメンバーの逮捕

1970年代と1980年代に世界を恐怖に陥れた過激派組織、日本赤軍の終焉は、1990年代初頭から始まった。1992年2月、日本赤軍の最高指導者である重信房子が、ベイルートにてレバノン当局によって逮捕された。この逮捕は、日本赤軍にとって大きな打撃となった。1997年には、重信房子が日本に身柄を移送され、殺人や誘拐などの罪で起訴された。2001年には、重信房子に懲役20年の判決が下された。

重信房子の逮捕に続いて、他の日本赤軍メンバーも次々と逮捕された。1995年には、日本赤軍の最高幹部の一人である坂東國男が、フィリピンにて逮捕された。坂東國男は、1972年のテルアビブ空港乱射事件に関与したとして、殺人罪で起訴された。2003年には、坂東國男に懲役23年の判決が下された。

日本赤軍のメンバーの逮捕は、この組織の終焉を意味した。日本赤軍は、第二次世界大戦後の日本に生まれた過激派組織である。日本赤軍は、日本の政府や企業をテロ攻撃の対象とし、世界各地でテロ事件を起こした。日本赤軍のテロ事件は、多くの死傷者を出した。日本赤軍のメンバーの逮捕は、この組織のテロ活動を阻止し、世界に平和をもたらすことに貢献した。

タイトルとURLをコピーしました