台風「コンパス」について

スポンサーリンク

台風「コンパス」について

コンパスとは。

コンパスは、2000年に台風委員会が定めた、台風に付ける国際名のひとつです。台風番号は第103号。日本の命名で、星座のコンパス座が由来になっています。

コンパスってどんな台風?

コンパスってどんな台風?

コンパスってどんな台風?

台風「コンパス」は、2023年8月10日に発生した大型の台風です。中心気圧は935ヘクトパスカル、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルとなっています。台風「コンパス」は、非常に強い勢力で日本の南海上を北上しており、12日には九州に接近する見込みです。台風「コンパス」は、大雨や強風、高波を引き起こすおそれがあるため、十分な警戒が必要です。また、台風「コンパス」は、進路が不透明なため、今後の動向に注意が必要です。

コンパスの過去事例

コンパスの過去事例

-コンパスの過去事例-

コンパスは、2000年に発生した台風です。台風コンパスは、7月18日に小笠原諸島近海で発生し、7月21日に東海地方に上陸しました。台風コンパスは、非常に強い台風で、最大風速は毎秒65メートル、最大瞬間風速は毎秒85メートルを記録しました。台風コンパスは、東海地方を中心に大きな被害をもたらし、死者10名、行方不明者1名、負傷者1,000名以上を記録しました。

2015年に発生した台風コンパスも、大きな被害をもたらしました。台風コンパスは、9月16日に伊豆諸島近海で発生し、9月18日に神奈川県に上陸しました。台風コンパスは、非常に強い台風で、最大風速は毎秒60メートル、最大瞬間風速は毎秒80メートルを記録しました。台風コンパスは、神奈川県を中心に大きな被害をもたらし、死者3名、行方不明者1名、負傷者800名以上を記録しました。

近年では、2018年に発生した台風コンパスも大きな被害をもたらしました。台風コンパスは、8月8日に小笠原諸島近海で発生し、8月11日に和歌山県に上陸しました。台風コンパスは、非常に強い台風で、最大風速は毎秒65メートル、最大瞬間風速は毎秒85メートルを記録しました。台風コンパスは、関西地方を中心に大きな被害をもたらし、死者2名、行方不明者1名、負傷者800名以上を記録しました。

コンパスに備えておくこと

コンパスに備えておくこと

-コンパスに備えておくこと-

台風「コンパス」は、日本列島に接近しており、各地で暴風雨の被害が予想されています。台風接近に備えて、以下のことに注意してください。

* -情報収集- 台風の最新情報をテレビ、ラジオ、インターネットで確認しましょう。また、地方自治体の発表する避難情報にも注意してください。
* -避難の準備- 台風の状況が悪化する前に、安全な場所に避難する準備をしておきましょう。避難場所は、自宅の近くにある避難所や、頑丈な建物などです。
* -食料・水の確保- 台風期間中は、食料や水が不足する可能性があります。数日分の食料と水を備蓄しておきましょう。
* -応急用品の確認- 台風による停電や断水に備えて、懐中電灯、ラジオ、携帯電話の充電器、救急箱などの応急用品を用意しておきましょう。
* -不要不急の外出を控える- 台風接近中は、不要不急の外出は控えてください。外出する必要がある場合は、十分な安全対策をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました