「わけぎのぐるぐる」:小豆島の郷土料理

スポンサーリンク

「わけぎのぐるぐる」:小豆島の郷土料理

わけぎのぐるぐるとは。

香川県小豆島の豊島に伝わる郷土料理、「わけぎのぐるぐると」。切らずに茹でたワケギをぐるぐる巻きにして一口大にし、タコと白味噌ベースの辛子酢味噌で和えた料理です。この料理には “よいことが長続きするように” という意味が込められており、祝い膳で提供されることが多いです。

「わけぎのぐるぐる」の作り方

「わけぎのぐるぐる」の作り方

「わけぎのぐるぐる」の作り方

「わけぎのぐるぐる」は、わけぎを束にしてから、ぐるぐると巻いたものを油で揚げた料理です。わけぎのシャキシャキとした食感と、甘辛いタレが絡んだおいしさは、クセになると評判です。

まずは、わけぎを束にします。わけぎを数本まとめて、根元から適当な長さに切りそろえます。次に、わけぎをぐるぐると巻きます。わけぎの根元を片手に持ち、もう片方の手でわけぎの葉をぐるぐると巻きつけます。巻き終わったら、輪ゴムで留めておきます。

わけぎを巻いたら、揚げていきます。揚げ油を170℃に熱し、わけぎを揚げていきます。わけぎがキツネ色になったら、取り出して油を切ります。

わけぎを揚げ終わったら、タレを作ります。タレは、醤油、みりん、砂糖、酒を同量ずつ混ぜて作ります。タレが温まったら、わけぎを絡めて完成です。

「わけぎのぐるぐる」は、お酒のおつまみにも、ご飯のおかずにもぴったりです。ぜひ、作ってみてはいかがでしょうか。

「わけぎのぐるぐる」に込められた願い

「わけぎのぐるぐる」に込められた願い

「わけぎのぐるぐる」には、小豆島の豊かな自然と人々の暮らしが込められています。まず、わけぎは小豆島で古くから栽培されている野菜で、その根元は太く、葉は細長く、香りが強いのが特徴です。わけぎは、小豆島の家庭料理には欠かせない食材で、特に、春の時期には、「わけぎのぐるぐる」をよく食べます。

「わけぎのぐるぐる」は、わけぎをぐるぐる巻きにして焼いた料理で、見た目も鮮やかで、香ばしい香りがします。わけぎは、ビタミンやミネラルが豊富で、特に、ビタミンCは、風邪予防や美肌効果があると言われています。また、わけぎには、抗菌作用や抗酸化作用があり、健康を維持するのにも役立ちます。

「わけぎのぐるぐる」は、小豆島の郷土料理ですが、その由来は、小豆島の自然と人々の暮らしに根ざしています。小豆島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島ですが、その豊かな自然は、今でも人々の暮らしを支えています。わけぎは、小豆島の家庭菜園でよく栽培されており、その収穫時期には、「わけぎのぐるぐる」をよく食べます。「わけぎのぐるぐる」は、小豆島の豊かな自然と人々の暮らしが込められた郷土料理なのです。

タイトルとURLをコピーしました