「黒い真珠・三次ピオーネの日」とは?

スポンサーリンク

「黒い真珠・三次ピオーネの日」とは?

黒い真珠・三次ピオーネの日とは。

9月6日は「黒い真珠・三次ピオーネの日」です。これは、広島県三次市で生産されているぶどうの品種「三次ピオーネ」をPRするために、三次ピオーネ生産組合が制定しました。

三次ピオーネの歴史

三次ピオーネの歴史

三次ピオーネの歴史は、1960年、広島県三次の国府町において、国立果樹研究所ブドウ試験場(現在の農研機構果樹研究所ブドウ研究部)が「巨峰」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」を交配したことに始まります。

1965年に、「黒い真珠」と命名され、1973年に品種登録されました。その後、三次市を含む広島県北部を中心に栽培され、1980年代には全国的な人気を博しました。

三次ピオーネは、大粒で、皮が薄く、糖度が高く、果汁が豊富なブドウです。また、アントシアニンを多く含んでおり、健康にも良いとされています。

三次ピオーネは、広島県の特産品として知られており、毎年9月下旬から10月中旬にかけて収穫されます。三次市では、毎年10月に「三次ピオーネの日」が開催され、三次ピオーネの販売やイベントが行われます。

三次ピオーネの特徴と魅力

三次ピオーネの特徴と魅力

三次ピオーネの特徴と魅力

三次ピオーネは、広島県三次市で誕生した黒ブドウの一種です。大粒で皮が薄く、糖度が高くジューシーな果肉が特徴です。甘みと酸味のバランスが良く、上品な味わいで高い人気を誇っています。

三次ピオーネは、皮が黒色のため「黒い真珠」とも呼ばれています。皮に含まれるアントシアニンという色素は、ポリフェノールの一種で、抗酸化作用があることから健康にも良いとされています。また、三次ピオーネは生で食べてももちろん美味しいですが、ジャムやジュース、ワインなどにも加工して楽しむことができます。

三次ピオーネは、広島県の特産品として広く知られており、全国各地に出荷されています。三次市では、毎年9月に「三次ピオーネの日」を制定し、ピオーネの収穫を祝うイベントを開催しています。

三次ピオーネは、その特徴と魅力から、多くの人々に愛されているブドウです。ぜひ、機会があれば味わってみてください。

「黒い真珠・三次ピオーネの日」の過ごし方

「黒い真珠・三次ピオーネの日」の過ごし方

「黒い真珠・三次ピオーネの日」の過ごし方

9月10日は、広島県三次市の特産であるぶどう「黒い真珠・三次ピオーネ」の美味しさをアピールするため、「黒い真珠・三次ピオーネの日」とされています。

この日に合わせて、三次市ではさまざまなイベントが行われます。

例えば、三次ピオーネの収穫体験や、ピオーネを使ったスイーツの販売、ピオーネを使った料理のコンテストなどです。

また、三次ピオーネの生産者と交流できるイベントも開催されます。

ピオーネの収穫体験では、実際にピオーネを収穫して、その場で食べることができます。

ピオーネは、皮が薄くて食べやすく、糖度が高くて甘味が強いのが特徴です。

また、ピオーネを使ったスイーツは、ピオーネの甘さを活かした様々な商品が販売されています。

ピオーネの生産者との交流イベントでは、ピオーネの栽培方法や、ピオーネの生産者としてのこだわりなどについて話を聞くことができます。

「黒い真珠・三次ピオーネの日」は、ピオーネの美味しさを味わうことができるイベントです。

ぜひ、この機会に三次市を訪れて、ピオーネの美味しさを堪能してください。

タイトルとURLをコピーしました