「重信流」とは?~林崎夢想流の別称~

スポンサーリンク

「重信流」とは?~林崎夢想流の別称~

重信流とは。

重信流とは、居合術の流派のひとつ「林崎夢想流」の別称です。これは、流派の創始者である林崎甚助重信の名前から取られています。

重信流の歴史と特徴

重信流の歴史と特徴

重信流の歴史と特徴

重信流は、江戸時代初期に林崎甚助重信によって創始された柔術の流派です。林崎甚助重信は、越前国(現在の福井県)出身で、江戸に出て柳生宗厳に師事しました。柳生宗厳からは、体術だけでなく、剣術や槍術も学びました。その後、越前国に戻り、重信流を創始しました。

重信流の特徴は、技の多様性と実戦性を重視したことです。技の種類は、投げ技、関節技、絞め技など、多岐にわたります。また、実戦性を重視するため、打撃技や武器術も取り入れていました。重信流は、江戸時代には多くの武家に伝授され、幕末には新選組の土方歳三や沖田総司も重信流を修行していました。

明治維新後、重信流は他の柔術の流派に押されて衰退しましたが、昭和初期に再興されました。現在は、全国各地に重信流の道場があり、多くの愛好者がいます。重信流は、古流柔術の伝統を継承する貴重な武術として、現在も大切にされています。

重信流の技法

重信流の技法

重信流の主な技法として、突き、蹴り、投げ、受け流し、関節技などがあります。突きには、正面突き、縦突き、横突き、裏突きなどがあり、それぞれに異なる特徴と使い方が求められます。例えば、正面突きでは、相手の中心線をとらえることが重要であり、縦突きでは、相手の上段を攻めることが重要です。蹴りにも、前蹴り、横蹴り、後ろ蹴りなどがあり、それぞれに異なる特徴と使い方が求められます。投げ技は、相手を崩すことでかける技であり、受け流しは、相手の攻撃を受け流して反撃する技です。関節技は、相手の関節を極めて動きを封じる技です。

これらの技法を駆使することで、重信流は相手を倒したり、制圧したりすることができます。重信流は、護身術としてだけでなく、武術としての側面も強く、試合も行われます。試合では、各選手が自分の技を駆使して相手を倒そうとします。試合は、試合形式やルールによって異なりますが、一般的には、ポイント制や時間制限で行われることが多いです。

重信流は、林崎夢想流の一派であり、その技法には、林崎夢想流の特徴が色濃く残っています。林崎夢想流は、江戸時代初期に林崎重信によって創始された武術であり、その特徴は、突き、蹴り、投げ、受け流しの技が中心となっていることです。林崎夢想流は、護身術としてだけでなく、武術としての側面も強く、現在でも多くの門派が受け継がれています。

重信流を学ぶには

重信流を学ぶには

重信流を学ぶには、その道の師範や指南役について入門し、稽古を重ねる必要があります。重信流には、複数の流派がありますが、いずれも林崎夢想流を源流としており、基本的な稽古内容は共通している部分が多いです。

重信流の稽古は、まず基本的な動作や姿勢から始めます。基本をマスターしたら、徐々に技の習得に移っていきます。重信流の技は、打撃技、投げ技、関節技など、多岐にわたっており、それらを組み合わせた総合的な攻防を学びます。

重信流の稽古は、心身の鍛錬にもつながります。稽古を重ねることで、集中力、判断力、反射神経が養われます。また、礼儀作法を重んじるため、人間としての成長にもつながります。

重信流は、護身術としてだけでなく、スポーツや文化としても親しまれています。全国各地に道場があり、老若男女問わず多くの人が稽古に励んでいます。重信流を学ぶことで、心身ともに健康で充実した生活を送ることができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました