「いいたまごの日」とは?

スポンサーリンク

「いいたまごの日」とは?

いいたまごの日とは。

11月5日は「いい(11)たま(5)ご」の日です。この記念日は、2010年に日本養鶏協会を中心に全国鶏卵消費促進協議会が制定しました。鶏卵の消費量を増やすため、さまざまなキャンペーンが行われます。

「いいたまごの日」の由来と目的

「いいたまごの日」の由来と目的

-「いいたまごの日」の由来と目的-
「いいたまごの日」は、1980年(昭和55年)度の全国学校給食週間(1月20日~26日)初日となる1月20日に制定された記念日です。全国学校栄養士協議会が「卵の良さをより多くの人々に伝え、食べる習慣が広がるように」と、学校給食を通じて児童生徒に卵の栄養を指導することにより、食生活の改善を図ることを目的として制定されました。

制定当時、給食は、パンと牛乳が中心で、卵は小学校では月に2~3回、中学校では月に1~2回程度しか提供されていなかったことから、より多くの卵を学校給食に提供してもらうことを目指して、この記念日が創設されました。

「いいたまご」とは「良い卵」という意味で、「いいたまごの日」は「良い卵を食べる日」でもあります。卵は、タンパク質やビタミン、ミネラルが豊富な栄養価の高い食品です。卵を食べることで、体力がつき、風邪を予防するなどの効果が期待できます。また、卵は、料理やお菓子作りの材料としても幅広く使われています。

「いいたまごの日」には、学校給食で卵料理が提供されることが多いです。また、スーパーやデパートなどでは、卵の特売が行われることもあります。

「いいたまごの日」にできること

「いいたまごの日」にできること

-「いいたまごの日」にできること-

「いいたまごの日」には、卵の美味しさを味わうだけでなく、卵にまつわる様々な活動を行うことができます。例えば、卵の殻を使った工作や、卵を使った料理作り、卵に関するクイズ大会などです。また、卵の生産者や流通業者を訪ねて、卵の生産や流通について学ぶこともおすすめです。卵は私たちの食生活に欠かせない食材であり、その生産や流通には多くの人が関わっています。卵について学ぶことは、食の大切さを知ることにつながります。

卵の殻を使った工作は、子どもでも簡単に楽しむことができます。卵の殻を割って、中から卵黄と卵白を取り出します。そして、卵の殻を水で洗って乾かします。乾いた卵の殻は、様々な工作材料として利用することができます。例えば、卵の殻を細かく砕いて、絵の具を混ぜてペースト状にして、紙に塗ることができます。卵の殻のペーストを塗った紙は、まるでステンドグラスのように光を通します。また、卵の殻を半分に割って、中にキャンドルを入れてキャンドルホルダーを作ることができます。卵の殻のキャンドルホルダーは、とても温かみのある灯りを演出してくれます。

卵を使った料理作りは、卵の美味しさを存分に味わうことができる方法です。卵は、目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツなど、様々な料理に使用することができます。また、卵は、お菓子作りの材料としても欠かせません。卵を使ったお菓子は、どれもとても美味しく、子どもから大人まで楽しむことができます。

卵に関するクイズ大会は、卵について学ぶことができる楽しいイベントです。卵に関するクイズ大会では、卵の種類、卵の栄養素、卵の生産や流通など、卵に関する様々な問題が出題されます。クイズ大会に参加することで、卵について多くのことを学ぶことができます。

卵の生産者や流通業者を訪ねて、卵の生産や流通について学ぶこともおすすめです。卵の生産者や流通業者を訪ねることで、卵がどのように生産され、流通しているのかを知ることができます。また、卵の生産者や流通業者から、卵に関する様々な話を聞くことができます。卵について学ぶことは、食の大切さを知ることにつながります。

「いいたまごの日」をもっと盛り上げる方法

「いいたまごの日」をもっと盛り上げる方法

「いいたまごの日」をもっと盛り上げる方法

「いいたまごの日」をより盛り上げ、祝う方法を探しているなら、できることがたくさんあります。

最も簡単な方法は、家族や友人と過ごすことです。一緒に美味しい食事をし、たまごにまつわるゲームをしたり、単にリラックスして過ごすことができます。また、地元の農場や食料品店でたまごを購入することもできます。そうすることで、地元の経済を支援し、「いいたまごの日」の精神に参加することができます。

また、家族や友人と一緒に、たまごにちなんだ料理を作ることもできます。たまご焼き、オムレツ、キッシュなど、さまざまな選択肢があります。子供たちを巻き込めば、楽しいアクティビティにもなります。

より積極的でクリエイティブな方法を探しているなら、「いいたまごの日」にちなんだイベントを企画することができます。例えば、たまごを使った料理コンテストを開催したり、子供たちのためのたまご狩りを実施したりすることができます。また、地元の公園やコミュニティセンターでピクニックを企画し、たまご料理を振る舞うこともできます。

「いいたまごの日」は、たまごの素晴らしさを祝うための楽しい方法です。家族や友人と一緒に過ごすこと、美味しい料理を作ることで、より盛り上げることができます。

タイトルとURLをコピーしました