日本LD学会とは?

スポンサーリンク

日本LD学会とは?

日本LD学会とは。

日本LD学会は、日本の学術研究団体の一つで、略称はJALDです。欧文名は「Japan Academy of Learning Disabilities」です。発達障害に関する研究の進歩向上を目的としています。事務局は東京都港区にあります。一般社団法人として活動しています。

日本LD学会の目的

日本LD学会の目的

日本LD学会の目的は、LD(学習障害)の研究と啓発、支援とその発展に寄与することにあります。私たちは、LDに関する知識と理解を深め、LDのある人々が生きやすい社会の実現を目指しています。LDとは、注意欠陥多動性障害(ADHD)、ディスレクシア(読字障害)、ディスグラフィア(書字障害)、ディスカルクリア(計算障害)などの総称です。LDは、生まれつきの脳機能の障害であり、知能や努力では解決できないものです。LDのある人は、学習や生活に困難を抱えることが多く、社会的なサポートが必要となります。

日本LD学会は、1978年に設立されました。設立以来、LDに関する研究と啓発活動を続けてきました。学会では、毎年学術大会を開催し、最新の研究成果を発表しています。また、LDに関する書籍やパンフレットを発行し、一般の方への啓発活動を行っています。さらに、LDのある人やその家族への支援活動も行っています。学会には、LDのある人やその家族、LDに関する専門家など、さまざまな人が参加しています。私たちは、LDに関する知識と理解を深め、LDのある人々が生きやすい社会の実現を目指しています。

日本LD学会の活動内容

日本LD学会の活動内容

日本LD学会の活動内容
日本LD学会は、生涯にわたって学習障害に苦しむ人々を支援することを目的として、1986年に設立された団体です。学会の活動内容は多岐にわたり、次のようなものが含まれます。

研究学会は、学習障害の原因、治療法、支援方法に関する研究を支援しています。この研究は、学習障害に苦しむ人々の生活を改善するための新しい方法の開発につながっています。

教育学会は、学習障害に関する教育プログラムを支援しています。これらのプログラムは、学習障害に苦しむ人々とその家族に、必要な知識やスキルを提供しています。

支援学会は、学習障害に苦しむ人々とその家族に支援を提供しています。この支援には、情報提供、カウンセリング、リソースへのアクセスなどがあります。

政策提言学会は、学習障害に関連する政策提言を行っています。これらの政策提言は、学習障害に苦しむ人々の権利の保護と支援の強化につながっています。

日本LD学会は、学習障害に苦しむ人々を支援するために、重要な役割を果たしています。学会の活動は、学習障害に関連する研究、教育、支援、政策提言の推進につながっており、学習障害に苦しむ人々の生活の改善に貢献しています。

日本LD学会への入会方法

日本LD学会への入会方法

-日本LD学会への入会方法-

日本LD学会への入会は、学会のホームページにある入会申込書をダウンロードし、記入して学会事務局に郵送することで行うことができます。入会金と年会費は、入会申込書に記載されている口座に振り込むことになります。入会金は、1,000円です。年会費は、学生会員の場合は3,000円、一般会員の場合は6,000円です。学会のホームページには、入会申込書だけでなく、学会の活動内容や学会誌の情報も掲載されています。学会の活動内容に興味のある方は、ぜひホームページをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました