くるくる節とは?岩手県の民謡について

スポンサーリンク

くるくる節とは?岩手県の民謡について

くるくる節とは。

くるくる節とは、岩手県の民謡のひとつだ。一関市周辺で歌われている。元々、紙漉きをする際に歌われる唄だったが、後に酒宴の唄として歌われるようになった。

くるくる節の歴史と由来

くるくる節の歴史と由来

くるくる節の歴史と由来

くるくる節の歴史は古く、その起源は平安時代まで遡ると言われています。当時は「くるくる節」ではなく「くるくる踊り」と呼ばれており、農作業の合間に踊られる遊び歌でした。その後、江戸時代になると「くるくる節」という楽曲が誕生し、全国に広まりました。明治時代になると、くるくる節は岩手県で広く愛される民謡となり、県民歌に制定されました。

くるくる節には、いくつかの由来があります。一説には、戦国時代に岩手県を治めていた南部信直が、戦に勝った喜びを歌ったのが始まりだと言われています。また、別の説では、江戸時代に岩手県に伝来した盆踊りが、くるくる節の原型になったと言われています。いずれにしても、くるくる節は岩手県の歴史と文化に深く根ざした民謡です。

くるくる節の歌詞とメロディー

くるくる節の歌詞とメロディー

くるくる節の歌詞とメロディー

くるくる節の歌詞は、秋田県南部に伝わる民謡「ちゃっきり節」を基に作られたと言われています。ちゃっきり節は、秋田県南部の風習である「ちゃっきり(チャッコイ)」を題材にした歌で、「ちゃっきり」とは、嫁が嫁ぎ先の家で行う労働のことです。

くるくる節の歌詞は、嫁が姑に家事を手伝う約束をする内容になっています。姑は「娘さん きのういいましたね〜くるくるやるって」と嫁に問いかけ、嫁は「はい きょうから ばん なんで」と答えます。

くるくる節のメロディーは、素朴で軽快なリズムが特徴です。歌詞の内容に合わせて、姑と嫁の掛け合いが表現されており、聴いているとつい口ずさんでしまうような親しみやすさがあります。

くるくる節は、岩手県では広く知られており、お祭りやイベントなど様々な場面で歌われています。また、学校の音楽の授業でも取り上げられるなど、岩手県の郷土芸能として親しまれています。

くるくる節の保存と継承

くるくる節の保存と継承

くるくる節の保存と継承

くるくる節は岩手県の民謡であり、岩手県無形民俗文化財に指定されている。古くから伝わる民謡であり、現在では岩手県内の様々な地域で歌い継がれている。

くるくる節の保存と継承は、岩手県内の様々な団体や自治体によって行われている。岩手県郷土芸能協会は、くるくる節の保存と継承を行う団体であり、くるくる節の伝承者である「くるくる師匠」の認定や、くるくる節の普及活動を行っている。また、岩手県内の自治体もくるくる節の保存と継承に取り組んでおり、くるくる節の研修会や発表会を開催したり、くるくる節を記録したCDやDVDを制作したりしている。

くるくる節の保存と継承は、岩手県の郷土芸能を保存し、次世代に継承していくために重要な取り組みである。くるくる節は岩手県を代表する民謡であり、その保存と継承は岩手県の郷土芸能を守るために欠かせない。

タイトルとURLをコピーしました