生命保険の日とは?その目的と意義

スポンサーリンク

生命保険の日とは?その目的と意義

生命保険の日とは。

生命保険の日の由来と目的

生命保険の日の由来と目的

生命保険の日とは?その目的と意義

-生命保険の日の由来と目的-

生命保険の日とは、毎年9月11日に行われる記念日です。生命保険の普及と理解を深めることを目的として、1928年に日本で制定されました。

生命保険の日は、1926年に日本で開催された「国際生命保険会議」に由来しています。この会議では、世界各国の生命保険会社や団体が参加し、生命保険の普及と発展について話し合われました。会議の終了後、参加者たちは生命保険の普及を促進するために、毎年9月11日を「生命保険の日」と制定することを提案しました。

生命保険の日は、毎年9月11日に、全国各地で様々なイベントが行われます。イベントには、生命保険の普及と理解を深めるための講演会やセミナー、生命保険会社のブースなどが設置されます。また、生命保険の日の前後には、生命保険会社が新聞やテレビで生命保険のメリットについて宣伝するキャンペーンが行われます。

生命保険の日は、生命保険の重要性を国民にアピールし、生命保険の普及と理解を深めるための大切な記念日です。

生命保険の重要性とメリット

生命保険の重要性とメリット

-生命保険の重要性とメリット-

生命保険は、被保険者の死亡や高度障害によって、遺族や家族が経済的に困窮しないようにするためのものです。生命保険には、死亡保険金、高度障害保険金、就業不能保険金、収入保障保険金など、さまざまな種類があります。

生命保険に加入するメリットは、大きく分けて2つあります。1つは、被保険者の死亡や高度障害によって、遺族や家族が経済的に困窮しないようにできることです。もう1つは、被保険者が病気やけがで働けなくなった場合に、収入を補てんできることです。

生命保険は、誰もが加入しておくべき重要な保険です。生命保険に加入しておけば、もしもの時に家族を守ることができます。

生命保険を選ぶ際のポイント

生命保険を選ぶ際のポイント

生命保険を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。まず、保障額は十分であるかどうかを検討しましょう。保障額は、万一の際に遺族に支払われる金額であり、年齢や収入、家族構成などによって異なります。また、保険料の支払い方法や期間も検討しましょう。保険料の支払い方法は、一括払い、分割払い、毎月払いなどがあり、期間は10年、20年、30年などがあります。さらに、保険金の受け取り方法も検討しましょう。保険金の受け取り方法は、一括払い、分割払い、年金払いの3つがあります。保障額や保険料の支払い方法、保険金の受け取り方法などを比較検討して、自分に合った生命保険を選びましょう。

また、生命保険を選ぶ際には、保険会社の財務状況も確認しておきましょう。保険会社が倒産した場合、保険金が支払われなくなる可能性があります。保険会社の財務状況は、金融庁のホームページで確認できます。

タイトルとURLをコピーしました