八女福島の燈篭人形の魅力とは?

スポンサーリンク

八女福島の燈篭人形の魅力とは?

八女福島の燈篭人形とは。

八女福島(福岡県八女郡)で伝わる folk dance が、八女福島の燈篭人形。1680年代に始まり、9月に福島八幡宮で行われる放生会で上演されます。

3階建てのステージで演じられますが、左右の舞台から棒を使って人形を操作する横遣いの操法が特徴です。

1977年には国の重要無形民俗文化財に指定されました。

八女福島の燈篭人形の歴史

八女福島の燈篭人形の歴史

八女福島の燈篭人形の歴史

八女福島の燈篭人形は、その歴史は古く、約300年前の江戸時代にまで遡ります。その起源は、当時八女福島に居住していた農民たちが、収穫を祝い、五穀豊穣を祈願するために、田んぼに灯籠を立てていたことにまでさかのぼります。農民たちは、灯籠に人形を飾ることで、その願いをより強くすることを願いました。これが、八女福島の燈篭人形の始まりと言われています。

その後、八女福島の燈篭人形は、次第に地域の祭りやお祝い事などで使用されるようになり、地域の人々に親しまれるようになりました。江戸時代の後期になると、八女福島の燈篭人形は、八女福島の特産品として知られるようになり、全国各地に出荷されるようになりました。

明治時代になると、八女福島の燈篭人形は、海外にも輸出されるようになり、その人気は世界中に広がりました。第二次世界大戦後、八女福島の燈篭人形は、日本国内で再び人気を集め、現在では、八女福島の伝統工芸品として広く知られるようになりました。

八女福島の燈篭人形の特徴

八女福島の燈篭人形の特徴

八女福島の燈篭人形の特徴
————————

八女福島の燈篭人形は、その優れた技術と独特の魅力から、国の重要無形民俗文化財に指定されています。特徴的なのは、その立体感と動きのある表情です。人形師たちは、さまざまな技法を用いて、まるで生きているかのような人形を作り出します。

例えば、木型をくり抜いて作られる頭部には、特殊な紙を張り付けて形作られます。そして、頭部と胴体を漆でつなぎ合わせ、着物を着せます。この着物は、なんと一本の布で縫い上げられます。そのため、人形の動きを妨げることがありません。

また、八女福島の燈篭人形の特徴として、その色鮮やかな色彩もあげられます。人形師たちは、伝統的な天然染料を用いて、美しい色を表現しています。この鮮やかな色彩は、灯篭人形をより一層魅力的にしています。

八女福島の燈篭人形は、その立体感、動きのある表情、色鮮やかな色彩など、さまざまな特徴を兼ね備えた魅力的な人形です。この伝統的な人形は、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。

八女福島の燈篭人形の見どころ

八女福島の燈篭人形の見どころ

八女福島の燈篭人形の見どころ

八女福島の燈篭人形は、福岡県八女郡広川町八女福島で制作されている伝統工芸品です。その魅力は、何と言ってもその繊細で美しいフォルムです。燈篭人形の胴体は、和紙を張った上から漆を塗って仕上げてあり、表面は滑らかで光沢があるのが特徴です。また、頭に載せられた笠は、竹ひごを組み合わせて作られており、その透かし彫りが美しい影絵を作り出します。

燈篭人形の見どころは、その繊細な造形美だけではありません。各人形の表情や仕草にも注目してみてください。例えば、片手に提灯を持ち、もう一方の手で顔を覆っている人形は、夜道を歩く旅人の姿を表しています。また、手に花束を持ち、笑顔でこちらを見ている人形は、幸せな新婚夫婦を祝福する姿を表しています。

燈篭人形は、一つ一つが手作業で作られているため、それぞれに表情や仕草が異なります。そのため、お気に入りの人形を見つける楽しみもあります。八女福島を訪れた際には、ぜひ燈篭人形の工房を訪れて、その魅力を間近で体感してみてください。

タイトルとURLをコピーしました