二十日忌とは?俳人、大須賀乙字の忌日について

スポンサーリンク

二十日忌とは?俳人、大須賀乙字の忌日について

二十日忌とは。

二十日忌とは、俳人の大須賀乙字の亡くなった日です。毎年1月20日にその日を偲んで行われます。命日の日付からとりました。

二十日忌とは何か

二十日忌とは何か

二十日忌とは、故人が亡くなってから20日目に行われる法要のことです。一般的に、死後7日目に行われる初七日法要、13日目に行われる十三日法要に次ぐ、3回目の忌日法要として営まれます。二十日忌は、故人がこの世とあの世を完全に離れ、成仏する日とされています。また、四十九日までの間に最も大切な法要の一つとされており、盛大に行われることが多いのです。

二十日忌は、故人の死を悼み、その冥福を祈るために営まれます。法要では、僧侶を招いて読経してもらったり、故人の遺影を前に焼香をしたり、供物を供えたりします。また、故人の思い出を語ったり、故人の好きな歌を歌ったりして、故人を偲ぶこともあります。 twenty day忌 is a Buddhist memorial service held on the 20th day after someone’s death. It is the third of three major memorial services held during the 49-day period following death, the others being the shichi-nichi (seven-day) and sanjuinichi (thirteen-day) services.

The twenty-day忌 is a time to remember the deceased and pray for their peaceful passage into the afterlife. The service typically includes chanting by a Buddhist priest, incense offering, and the offering of food and flowers to the deceased. Family and friends may also share memories of the deceased and sing songs that they enjoyed.

俳人、大須賀乙字について

俳人、大須賀乙字について

俳人、大須賀乙字について

俳人、大須賀乙字(おおすかおとじ)は、1909年(明治42年)7月3日に、愛知県名古屋市に生まれました。本名は、大須賀章一です。乙字という俳号は、1926年(大正15年)に、俳誌「ホトトギス」に投句した際に、高浜虚子によって与えられたものです。乙字は、ホトトギスの中堅作家として活躍し、1939年(昭和14年)には、同人となりました。また、1949年(昭和24年)には、ホトトギスの編集長に就任し、1953年(昭和28年)には、ホトトギスの主宰となりました。

乙字の俳句は、写生を重視した写実的な作風で知られています。日常の何気ない出来事や風景を、鮮やかに切り取った句が多いのが特徴です。また、乙字は、俳句の季語にもこだわりを持っていました。季語を効果的に用いることで、俳句に季節感や風情を醸し出しています。

乙字は、1974年(昭和49年)12月29日に、65歳で亡くなりました。乙字の死後、彼の句集である「乙字句集」や「乙字俳句鑑賞」などが出版されました。また、乙字の俳句は、現在でも多くの俳句愛好家から親しまれています。

タイトルとURLをコピーしました