「国連公共サービスデー」とは?

スポンサーリンク

「国連公共サービスデー」とは?

国連公共サービスデーとは。

国連公共サービスデーとは、国連が定めた国際デーのひとつである「国連パブリック・サービス・デー」の日本語での呼び方です。毎年6月23日に実施されています。

国連公共サービスデーとは

国連公共サービスデーとは

国連公共サービスデーとは

国連公共サービスデーは、毎年6月23日に世界中の公共サービスを讃える国際デーです。国連総会は、2003年の国連公共行政フォーラムで、公共サービスが持続可能な開発目標を達成するために果たす重要な役割を認識し、この記念日を制定しました。

国連公共サービスデーは、世界の公共サービスの重要性を認識し、公共サービスに従事する人々の献身と貢献を称える日です。また、公共サービスの質を向上させ、公共サービスへのアクセスを改善するための取り組みを促進する日でもあります。

国連公共サービスデーのテーマは、毎年国連総会によって決定されます。2023年のテーマは「公共サービスイノベーションとトランフォーメーション」です。このテーマは、公共サービスが持続可能な開発目標を達成するために、イノベーションとトランスフォーメーションをどのように活用できるかに焦点を当てています。

国連が定める国際デーのひとつ

国連が定める国際デーのひとつ

「国連公共サービスデー」は、国連が定める国際デーのひとつです。この日の目的は、公共サービスの重要性を認識し、公共サービス従事者の貢献を称えることです。

国連公共サービスデーは、2003年に国連総会によって制定されました。この日の日付は、1978年に国連総会で採択された「公共サービス提供における国民への公共サービスの役割に関する決議」を記念して、6月23日とされました。

国連公共サービスデーには、毎年テーマが設定されます。テーマは、公共サービスの重要性や、公共サービスが直面している課題など、多岐にわたります。2022年のテーマは「公共サービスの変革アクセス可能で公平で回復力のあるサービスを構築する」です。

国連公共サービスデーには、世界各国の政府や国際機関、市民社会団体などが、公共サービスの重要性や公共サービス従事者の貢献について啓発活動を行います。また、公共サービスに関するフォーラムやワークショップなどが開催されます。

国連公共サービスデーは、公共サービスの重要性を認識し、公共サービス従事者の貢献を称える貴重な機会です。この日の活動を通じて、公共サービスの質の向上や公共サービスへのアクセスの拡大などが促進されることが期待されています。

6月23日

6月23日

6月23日は「国連公共サービスデー」です。国連公共サービスデーは、世界中の公共サービスの提供者や公共サービス部門の関係者を表彰し、その貢献を称え、また、公共サービスの重要性を認識するために設けられた記念日です。

この記念日は、2002年12月20日の国連総会の決議によって制定されました。国連総会は、公共サービスが持続可能な開発にとって不可欠であること、そして、公共サービスの提供者が直面している課題や制約について認識し、公共サービスの提供者を支援することの重要性を強調しました。国連公共サービスデーは毎年6月23日に開催され、世界中の国や地域で、公共サービスの提供者を称えるイベントや活動が行われます。

タイトルとURLをコピーしました