世界統計の日とは?

スポンサーリンク

世界統計の日とは?

世界統計の日とは。

世界統計の日とは、国際統計委員会が定めた国際デーのひとつです。この日の目的は、国際社会における公的統計の役割と重要性を再認識し、関心を高めることです。

第1回は2010年10月20日に実施され、それ以降、5年おきの10月20日に実施されています。英語では《World Statistics Day》と表記され、「世界統計デー」とも呼ばれています。

世界統計の日の由来

世界統計の日の由来

世界統計の日の由来

1947年10月20日、統計委員会が国連統計委員会へと発展して以降、世界統計の日の起源はほぼ1世紀前にまで遡ります。当時は、専門家チームによる国際標準方法論の開発や国際統計会議の開催などを関連組織が担っていました。2010年、国連は世界統計の日を祝うために毎年10月20日を指定しました。そうすることによって、統計が社会と私たちの周りの世界の発展における中核的な役割を担っていることを認識することにあります。さらにこの指定は、統計の分野における優れた業績を挙げた個人や機関に与えられる国連統計部門賞を毎年発表することも目的の一つです。今日の世界統計の日は、世界中の統計家や統計関係者が、統計における卓越性と統計データの重要な役割を祝う日となっています。

世界統計の日の目的

世界統計の日の目的

-世界統計の日の目的-

世界統計の日は、世界中の人々が自分たちの生活に統計がどのように影響を与えているかを認識し、統計の重要性を理解するためのものです。また、世界中の統計の専門家たちが、データの質を向上させ、統計が政策立案や意思決定に利用されることを促進するために協力する日でもあります。

世界統計の日は、1990年の国連統計委員会によって制定されました。当初は10月19日に設定されていましたが、2010年に10月20日に変更されました。これは、1989年10月20日に国際連合統計局が設立されたことを記念するためです。

世界統計の日は、世界中の多くの国で祝われています。その目的は、統計の重要性を認識し、統計の質を向上させるために協力することです。また、世界中の統計の専門家たちが、データを政策立案や意思決定に利用することを促進することも目的としています。

世界統計の日は、統計が私たちの生活にどのように影響を与えているかを認識する良い機会です。統計は、政策立案、意思決定、研究、開発、ビジネスなど、私たちの生活のあらゆる側面で使用されています。統計は、私たちが世界を理解し、より良い未来を築くために不可欠なものです。

世界統計の日の取り組み

世界統計の日の取り組み

-世界統計の日の取り組み-

世界統計の日には、世界中の統計機関がさまざまな取り組みを行っています。その中には、統計に関するイベントやワークショップの開催、統計に関する出版物の発行、統計に関する啓発活動などがあります。

統計に関するイベントやワークショップでは、統計の重要性や統計の活用方法について学ぶことができます。また、統計に関する出版物では、統計に関する最新のデータや統計に関する分析結果などを知ることができます。統計に関する啓発活動では、統計の重要性や統計の活用方法について広く知ってもらうための活動が行われます。

これらの取り組みを通して、統計の重要性や統計の活用方法について広く知ってもらうことで、統計の利用を促進し、統計の質を高めることを目指しています。

例えば、国際連合統計局は、世界統計の日を記念して、毎年「統計の日表彰」を行っています。この表彰は、統計の分野で傑出した功績を上げた個人や団体を表彰するものです。また、国際連合統計局は、世界統計の日を記念して、毎年「統計の日フォーラム」を開催しています。このフォーラムは、統計の専門家や政策立案者が集まり、統計の現状や課題について議論する場となっています。

世界統計の日には、世界中の統計機関がさまざまな取り組みを行っています。これらの取り組みを通して、統計の重要性や統計の活用方法について広く知ってもらうことで、統計の利用を促進し、統計の質を高めることを目指しています。

タイトルとURLをコピーしました