「世界テレビ・デー」とは何の日?知っておきたい基本知識

スポンサーリンク

「世界テレビ・デー」とは何の日?知っておきたい基本知識

世界テレビ・デーとは。

世界テレビ・デーは、毎年11月21日に開催される国際デーです。1996年11月21日に、国際連合で初めて世界テレビフォーラムが開催されたことを記念して制定されました。英語表記は「World Television Day」です。

「世界テレビ・デー」の起源と目的

「世界テレビ・デー」の起源と目的

世界テレビデーの起源と目的

世界テレビデーは国連が定めた国際デーの一つであり、毎年11月21日に開催されます。このデーは、世界中のテレビ局や番組制作者、視聴者が、テレビの持つ力を認識し、テレビの質を向上させるために協力する日です。

世界テレビデーの起源は、1996年に開催された国連総会で採択された決議にさかのぼります。この決議は、テレビが教育、文化、娯楽など、様々な分野において重要な役割を果たしていることを認め、テレビの質を向上させるために国際的な協力が必要であることを強調しました。

世界テレビデーの目的は、テレビの持つ力を認識し、テレビの質を向上させることです。このデーには、世界中のテレビ局や番組制作者、視聴者が集まって、テレビの役割について議論したり、テレビの質を向上させるためのアイデアを交換したりします。また、このデーには、テレビ番組のコンテストや展覧会などが開催され、テレビの質の向上に貢献した個人や団体が表彰されます。

「世界テレビ・デー」の普及と活動

「世界テレビ・デー」の普及と活動

「世界テレビ・デー」の普及と活動

「世界テレビ・デー」は1996年に国連の決議により制定された国際デーである。これは、テレビが人々の生活に与える影響を認識し、テレビのポジティブな貢献を促進することを目的としている。

国連の決議により制定された「世界テレビ・デー」は、1996年以来、世界各国で様々なイベントやキャンペーンが行われている。例えば、国連教育科学文化機関(ユネスコ)では、毎年「世界テレビ・デー」に合わせて、テレビに関するシンポジウムやワークショップを開催している。また、世界各地のテレビ局や番組制作会社では、「世界テレビ・デー」にちなんだ特別番組を放送したり、テレビの重要性について啓発活動を行ったりしている。

「世界テレビ・デー」の普及と活動は、テレビのポジティブな貢献を促進し、テレビの果たす役割を再認識する機会となっている。また、テレビに関する知識や理解を深めることで、テレビをより効果的に活用するためのヒントを得ることもできる。

「世界テレビ・デー」は、テレビの重要性を再認識し、テレビのポジティブな貢献を促進することを目的とした国際デーである。この日にちなんで、世界各国では様々なイベントやキャンペーンが行われており、テレビに関する知識や理解を深める機会となっている。

「世界テレビ・デー」の意義と今後の展望

「世界テレビ・デー」の意義と今後の展望

「世界テレビ・デー」の意義と今後の展望

「世界テレビ・デー」が制定された背景には、テレビが世界中の人々をつなぐ重要なメディアであるという認識があります。テレビは、ニュースや情報を発信するだけでなく、文化や伝統を伝えるツールとしても重要な役割を果たしています。また、テレビは教育や医療、防災などの分野でも活用されており、人々の生活を豊かにするのに役立っています。

「世界テレビ・デー」は、テレビの重要性を再認識し、テレビのさらなる発展を促すことを目的としています。また、この記念日は、テレビが抱える課題について考える機会でもあります。

テレビの課題としては、情報格差、フェイクニュース、暴力や性的なコンテンツの増加などが挙げられます。これらの課題を解決するためには、テレビ局や政府、市民社会が協力して取り組む必要があります。

「世界テレビ・デー」は、テレビの重要性と課題について考える機会であり、テレビのさらなる発展を促すための記念日です。

タイトルとURLをコピーしました