「さくみちゃん」とは?はっさく屋のイメージキャラクター

スポンサーリンク

「さくみちゃん」とは?はっさく屋のイメージキャラクター

さくみちゃんとは。

さくみちゃんは、広島県尾道市因島の「はっさく屋」のイメージキャラクターです。はっさく屋の看板商品である「はっさく大福」のパッケージなどにも描かれています。

はっさく大福の看板娘

はっさく大福の看板娘

「はっさく大福の看板娘」

さくみちゃんは、はっさく屋のイメージキャラクターです。はっさく大福の看板娘として、全国のはっさく大福ファンから親しまれています。

さくみちゃんは、はっさくの妖精という設定です。はっさくの果肉のようなオレンジ色の髪と、はっさくの葉っぱのような緑色の瞳が特徴です。明るく元気な性格で、常に笑顔を絶やさない女の子です。

さくみちゃんは、はっさく大福を全国に広めるために、各地のイベントに参加したり、テレビや雑誌などのメディアに出演したりしています。また、さくみちゃんのオリジナルグッズも販売されており、はっさく大福ファンから人気を集めています。

等身大パネルが人気

等身大パネルが人気

等身大パネルが人気

「さくみちゃん」は、愛媛県にある「はっさく屋」のイメージキャラクターとして誕生しました。「はっさく屋」は、愛媛県の大洲市に本社を置く、はっさくや伊予柑、レモンなどの柑橘類の生産や販売を行う会社です。

「さくみちゃん」は、2015年に誕生し、以来、地元を中心に人気を集めています。その人気は、等身大パネルにも表れています。

「さくみちゃん」の等身大パネルは、愛媛県内を中心に、スーパーやショッピングモール、イベント会場など、さまざまな場所に設置されています。その人気は、訪れた人が記念撮影をするなどして楽しんでおり、観光客にも人気があります。

「さくみちゃん」の等身大パネルが人気である理由は、そのキュートなキャラクター性にあります。「さくみちゃん」は、大きな瞳と優しい笑顔が特徴的で、見る人を和ませます。また、そのキャラクター性は、地元の人々にも親しまれています。

「さくみちゃん」の等身大パネルは、愛媛県の観光スポットの一つとして、多くの人々に愛されています。また、そのキュートなキャラクター性は、多くの人々に元気を与えています。

はっさく屋のアイドル

はっさく屋のアイドル

「さくみちゃん」は、和歌山県の株式会社はっさく屋が展開するはっさくのキャラクターです。「はっさく屋のアイドル」と呼ばれ、パッケージやCMなど、さまざまな媒体に登場しています。

さくみちゃんは、2005年に誕生しました。キャラクターのイベントやコラボレーション商品など、さまざまな活動を展開しており、はっさく屋の知名度向上に貢献しています。

さくみちゃんのキャラクターは、2005年に株式会社はっさく屋が実施した、はっさくのキャラクターを募集するキャンペーンで誕生しました。数多くの応募の中から選ばれたキャラクターがさくみちゃんです。くまモンやひこにゃんが流行していた時代、はっさく屋も地元キャラクターを作りたいと考えたのがきっかけだったそうです。

「さくみちゃん」というネーミングの由来は、はっさくと、さくらの「さく」と、和歌山のみかんの「み」を組み合わせたものです。キャラクターのイメージは、はっさくの皮をイメージした元気で明るい女の子です。

タイトルとURLをコピーしました