- スタッフ -

監督・脚本・編集:北野武

初監督作は、主演も務めた『その男、凶暴につき』(89)。以後『3-4x10月』(90)、『あの夏、いちばん静かな海。』(91)、『ソナチネ』(93)、『みんな〜やってるか!』(95)、『キッズ・リターン』(96)と続けて作品を世に送り出し、『HANA-BI』(98)は第54回ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した他、国内外で多くの映画賞を受賞、評価を不動のものにした。その後、『菊次郎の夏』(99)、日英合作の『BROTHER』(01)、『Dolls(ド−ルズ)』(02)に続き、『座頭市』(03)では自身初の時代劇に挑戦し、第60回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞。その後、芸術家としての自己を投影した三部作『TAKESHIS'』(05)、『監督・ばんざい!』(07)、『アキレスと亀』(08)を監督。本作『アウトレイジ』は15作目となる。

 

音楽:鈴木慶一

日本語で表現するロックの先駆者として活躍した《はちみつぱい》を解散後、ムーンライダーズを結成。1976年にアルバム『火の玉ボーイ』でデビューした。以来30年以上に渡り精力的に活動を続け、国内外のアーティスト、ミュージシャンに多大な影響を与えている。2008年にリリースしたソロアルバム『ヘイト船長とラヴ航海士』で第50回日本レコード大賞優秀アルバム賞を受賞。
映画音楽では北野武監督作品『座頭市』で第27回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。その他にもプロデュース、楽曲提供、CM音楽の作編曲や、映画、ドラマ出演など、活動は多岐に渡る。