鳥取ゆかりのおもちゃ博覧会

スポンサーリンク

鳥取ゆかりのおもちゃ博覧会

’89鳥取・世界おもちゃ博覧会とは。

「’89鳥取・世界おもちゃ博覧会」とは、1989年の夏、鳥取県で開催された博覧会で、7月29日から8月20日まで行われた。鳥取市の市制100周年を祝う催しでした。

博覧会概要

博覧会概要

鳥取ゆかりのおもちゃ博覧会

博覧会概要

鳥取ゆかりの玩具博覧会は、鳥取県の豊かな自然や文化をテーマにしたおもちゃを集めた博覧会です。この博覧会では、全国各地から集められた様々な種類のおもちゃを展示しています。また、おもちゃの作り方や遊び方を紹介するワークショップや、おもちゃに関する講演会も開催されます。

この博覧会は、子供たちにおもちゃの楽しさを知ってもらうことを目的として開催されています。また、おもちゃを通して鳥取県の魅力を発信することも目的としています。博覧会は、毎年夏休みに開催され、多くの家族連れでにぎわっています。

博覧会の会場は、鳥取県倉吉市の倉吉博物館です。倉吉博物館は、鳥取県の歴史や文化に関する資料を展示している博物館です。博覧会は、この博物館の敷地内にある野外広場で開催されます。

博覧会には、全国各地から集められた様々な種類のおもちゃが展示されています。その中には、伝統的な木のおもちゃや、最新の電子おもちゃまで、様々な種類のおもちゃがあります。また、おもちゃの作り方や遊び方を紹介するワークショップや、おもちゃに関する講演会も開催されます。

博覧会は、子供たちにおもちゃの楽しさを知ってもらうことを目的として開催されています。また、おもちゃを通して鳥取県の魅力を発信することも目的としています。博覧会は、毎年夏休みに開催され、多くの家族連れでにぎわっています。

開催期間と場所

開催期間と場所

鳥取ゆかりのおもちゃ博覧会は、2023年3月18日(土)から5月7日(日)まで、鳥取市内の様々な会場で開催されます。

メイン会場は、鳥取県立博物館で、ここには、鳥取県にゆかりのあるおもちゃが展示されます。また、鳥取県内の他の会場でも、おもちゃの展示やイベントが行われます。

おもちゃ博覧会では、鳥取県にゆかりのあるおもちゃの歴史や文化を紹介する展示や、おもちゃ作り体験、おもちゃのワークショップなど、様々なイベントが行われます。また、鳥取県内の観光スポットやグルメも紹介されます。

おもちゃ博覧会は、鳥取県の文化や魅力に触れることができるイベントです。多くの方のご来場をお待ちしています。

開催の意義

開催の意義

「鳥取ゆかりのおもちゃ博覧会」は、鳥取県にゆかりのあるおもちゃを集めた博覧会です。この博覧会は、鳥取県のおもちゃの歴史や文化を再認識し、おもちゃの魅力を広く発信することを目的として開催されています。

鳥取県は、古くから木工産業が盛んで、多くの木のおもちゃが作られてきました。また、鳥取県には、おもちゃに関するユニークな文化や習慣が残されています。例えば、鳥取県には「おもちゃのまち」と呼ばれる地域があり、そこでは毎年「おもちゃまつり」が開催されています。このおもちゃまつりでは、地元のおもちゃメーカーによるおもちゃの展示や販売、おもちゃに関するイベントなどが行われます。

「鳥取ゆかりのおもちゃ博覧会」は、鳥取県のおもちゃの歴史や文化を再認識し、おもちゃの魅力を広く発信することを目的として開催されています。この博覧会では、鳥取県にゆかりのあるおもちゃを数多く展示するほか、おもちゃに関するワークショップやイベントなども開催されます。この博覧会を通じて、鳥取県のおもちゃの歴史や文化、おもちゃの魅力について広く知ってもらうことを目指しています。

タイトルとURLをコピーしました