会津高原だいくらスキー場

スポンサーリンク

会津高原だいくらスキー場

会津高原だいくらスキー場とは。

会津高原だいくらスキー場は、福島県の南会津郡南会津町にあるスキー場です。JR会津線、会津田島駅から車で20分のところにあり、湯野上温泉からも近いです。

ゲレンデ情報

ゲレンデ情報

ゲレンデ情報

会津高原だいくらスキー場には、初心者から上級者まで楽しめるバラエティ豊かなコースが用意されています。コース総数は22本、総延長は11.5kmに及びます。最長滑走距離は2,500m、最大斜度は30度です。

初心者向けのコースは、緩やかな斜面とワイドなゲレンデが特徴です。緩やかな斜面なので、スキーやスノーボードを初めての方でも安心して滑ることができます。また、ワイドなゲレンデなので、混雑することなく思いっきり滑走を楽しむことができます。

中級者向けのコースは、やや斜度のあるコースや、コブのあるコースなど、変化に富んだコースが用意されています。中級者の方は、自分のレベルに合わせてコースを選択することで、上達することができます。

上級者向けのコースは、急斜面や、オフピステなど、上級者向けのコースが用意されています。上級者の方は、自分のスキルを存分に発揮して、エキサイティングな滑走を楽しむことができます。

ゲレンデ内には、リフトが6基運行しています。リフトを利用することで、ゲレンデの各エリアにアクセスすることができます。また、ゲレンデ内には、レストランやカフェ、売店などの施設が充実しているので、休憩や昼食を取ることもできます。

アクセス

アクセス

-アクセス-

会津高原だいくらスキー場は、福島県南会津郡南会津町にあるスキー場です。アクセスは、車の場合は磐越自動車道会津若松インターチェンジから約45分、電車の場合はJR只見線南会津駅からタクシーで約30分です。また、スキー場には無料駐車場が完備されています。

会津高原だいくらスキー場は、標高1,200mから1,300mに位置しており、10月下旬から5月初旬まで営業しています。ゲレンデは、初心者向けのコースから上級者向けのコースまで、全11コースとバラエティに富んでいます。また、スノーボードパークも併設されており、スノーボーダーにも人気のスキー場です。

会津高原だいくらスキー場は、ゲレンデの景色が美しく、また、温泉施設も充実しているため、スキーやスノーボード以外のアクティビティも楽しめるスキー場です。また、スキー場の近くには、会津若松城や鶴ヶ城などの観光スポットもあり、スキーやスノーボード以外の観光も楽しめます。

周辺情報

周辺情報

会津高原だいくらスキー場の周辺には、さまざまな観光スポットやアクティビティスポットがあります。

スキー場から車で約15分の場所にある「尾瀬国立公園」は、日本有数の湿原として知られています。尾瀬沼や燧ケ岳など、美しい自然を満喫することができます。

また、スキー場から車で約20分の場所にある「大内宿」は、江戸時代の宿場町として栄えた町並みが残る歴史的なスポットです。茅葺き屋根の建物が立ち並び、昔ながらの風情を感じることができます。

スキー場から車で約30分の場所にある「鶴ヶ城」は、会津若松市のシンボル的な城です。天守閣からは、会津盆地を一望することができます。

スキー以外にも、周辺にはさまざまなアクティビティスポットがあります。スキー場から車で約10分の場所にある「大内宿スキー場」は、初心者から上級者まで楽しめるスキー場です。

また、スキー場から車で約20分の場所にある「尾瀬国立公園」では、ハイキングやトレッキングを楽しむことができます。

スキー場から車で約30分の場所にある「鶴ヶ城」では、会津若松市の歴史や文化を学ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました